―――チルノは、夢を見た―――

 

 

 

 


『ワタシハ、ムービースター』

 

 


『アタイモ、ムービースター』

 

 

 

 


『アナタハ、ムービースター?』

 

 

 

 

 

 

『ナメンナヨゥ!!』

 

 

 

 

 


カタカタ、カタカタ。

フィルムの巻き取られる乾いた音が、決して広いとは言えない室内に響く。
だが、それはその室内にいる者―――チルノの耳には届かない。
暗い室内で彼女は食い入るようにスクリーンを見つめ、例え一音でも聞き逃すまいと耳を研ぎ澄ませ、その手に持ったポップコーンを口に運ぶ事すら忘れていた。

 


映画は今まさにクライマックスシーン。
悪徳地主の下より、近隣の村の宝物である大きな宝石を盗み出した怪盗。しかし、逃亡の末に崖に追い詰められてしまった。
大人数に囲まれて退路を塞がれ、おまけに背後は崖。絶体絶命の状況だった。
しかし、そんな状況下にも関わらず怪盗は余裕の笑みを浮かべている。
痺れを切らした悪党達は、彼を捕まえるべくさらに包囲網を狭める。
だが次の瞬間、怪盗はポケットから取り出した物―――閃光弾を地面に放り投げた。
瞬時に光の洪水が辺りを塗りつぶし、何も見えなくなる。
光が消え、悪党達が気付いた時、そこにはもう怪盗の姿は無かった。勿論宝石も。
一人が空を指差した。怪盗は、いつの間にかハングライダーで空を滑空して逃げ出していた。
どんどん小さくなる怪盗を見ながら、悪党達はただ地団太を踏む事しか出来ないのであった。

 

一連の目まぐるしい展開と、鮮やかな脱出劇。チルノは口をぽかんと開けたまま見入っている。

 

映画はエンディングを迎えていた。
宝物が戻った事によって、活気の戻った村。
祭りが開かれ、人々が楽しそうに騒ぐ村を、怪盗は歩いている。しかし、誰もその正体を、功績を知らない。
彼はただ笑みを浮かべ、幸せそうな村の人々の様子を眺めているだけ。
そして頷くと、彼自身も祭りに参加すべく、人波の中へ消えていく。
夕日と共に、小さくなる怪盗の背中。そして、スクリーンに大きく『fin』の文字。
映画の終わりを告げていた。

 


やがてエンドロールが流れ始めても、チルノの視線はスクリーンに釘付けになったままだ。
その時、暗い室内に突如として明かりが差し込む。それは、部屋の入り口に張られていたカーテンを誰かが開けたからだ。

「終わったみたいだね、映画。外の世界の作品だったけど、面白かったかい?」

その言葉と共に入ってきたのは、古道具屋『香霖堂』店主・森近霖之助。
しかし当のチルノは、霖之助の顔をぽけーっと見つめるばかりで何も言わない。どうやら映画の余韻がまだ抜けないようだ。
そんなチルノの表情を見て、霖之助は苦笑いを浮かべた。

「その様子だと、本当に面白かったみたいだね」

言いながら彼は、未だカタカタと回る映写機のスイッチを切り、フィルムを外す。

古道具屋として霖之助が経営している『香霖堂』には沢山の道具が置かれているが、その中には外の世界の物もいくつか混じっている。
この日、暇つぶしとして何気なくチルノが香霖堂を訪れた時、霖之助は映画のフィルムと映写機を並べていた。
『映画』という物の存在やどういった物か、という事は知っていたが、外の世界の映画を見つけたのは初めてだった。
早速興味を示したチルノに、霖之助はせっかくなので映画を見せてみた。
店として使っているスペースの横にある小部屋にカーテンやスクリーンを張り、ミニ映画館としてチルノを招き入れた。
そして、冒頭へと繋がるわけである。
映画の内容は、義賊として困っている人々を助ける怪盗の活躍を描いた冒険物だったのだが、その分かりやすい設定や『怪盗』というヒーローの存在がチルノの心を捉えたようだ。
暫しぼんやりとしていたチルノだったが、霖之助が部屋の明かりを点けた事で我に返り、

「あっ、あっ、あのね!すごいの!すごくかっこよかった!」

拙いながらも映画の魅力を霖之助に伝えようとする。興奮のあまりどもりながら喋るチルノに、霖之助は笑顔を向けた。

「はは、そんなに焦らなくても僕は逃げないさ。僕も一度見たんだけれど、あの怪盗は本当に格好良いね。
 人知れず暗躍し、困っている人々を助け、その功績をひけらかす事無く静かに去る……ヒーローとはこうありたいものだ」

うんうんと頷きながら語る霖之助。チルノも共感して貰えた事が嬉しいのかニコニコ笑顔。
霖之助は映画のパッケージ―――タイトルと共に、主人公の怪盗や大きな宝石がアップで描かれている―――に目を落としながら言葉を続けた。

「内容も面白いけれど、僕は主人公たる怪盗を演じた彼の事も評価したいな。本当に魅力的で、まるでこの役を演じる為に生まれてきたかのようだった」

そこで一度言葉を切る。霖之助は、フィルムをケースに戻しながら再び口を開いた。

「外の世界の役者さんなんだろうけど―――きっと、世界的なムービースターなんだろうね」

「むーびーすたー?」

聞き慣れない単語に、鸚鵡返しで尋ねるチルノ。

「ああ、失礼。大人気映画の主役として活躍する役者さんの事を賞賛してそう呼ぶんだ。文字通り、『映画界の星』って所かな。
 いつの時代も大人から子供まで沢山の人を魅了し続けるヒーロー。その功績は決して色褪せず、人々の胸に残る……そんな、素晴らしい人さ」

それを聞いたチルノの脳裏に、怪盗が夕日をバックに去っていく映画のラストシーンが蘇る。
子供達の永遠のヒーロー。大人をも虜にしてしまう魅力。その格好良さは全ての者を嘆息させてしまう、そんな世界中の人気者。
チルノもまた、そんな『ムービースター』に魅了されてしまった者の一人。
胸に焼き付いて離れない格好良さや、憧れ。胸が一杯になったチルノは今の感情を言葉に出来ず、ただ、短く呟いた。


「……すごいなぁ……」


―――それから数日後。
今日も今日とて暇つぶしに奔走するチルノは、博麗神社にやって来た。
霊夢あたりにちょっかいでも出してみようか、などと特に深い考えも無く訪れたのだが、そこで彼女は意外な光景を目にする。
普段なら霊夢は昼寝なり、縁側でお茶でも飲んでるなり、まあのんびりと過ごしている筈なのだが、この日は境内の前で立ち話をしていた。
相手は霧雨魔理沙で、二人とも時折首を傾げつつ、小難しい顔で話し込んでいる。
気になったチルノは近付いて声を掛けてみた。

「なにしてるの?」

「ん?ああ、チルノか」

振り返って魔理沙が答える。

「丁度いいわ、あんたも知恵を貸してくれる?」

霊夢の発言に首を傾げるチルノ。そこで、魔理沙が説明を始めた。

「今度、ここで祭りやるのは知ってるだろ?」

その言葉にチルノは頷く。
彼女が言う『祭り』とは、毎年初夏の時期に博麗神社周辺で開かれる祭りの事で、名目上は博麗神社に祀られる神様に感謝する祭りなのだが、まあ実際は縁日だ。
人間も妖怪も入り乱れての飲めや歌えの乱痴気騒ぎで、大人から子供、果ては妖怪まで、これを楽しみにする者はかなり多い。

「んで、毎年霊夢が何かやってるのも知ってるな?博麗神社の代表としてさ」

それにも頷くチルノ。
博麗神社主催の祭りという事で、霊夢も何かしらの出し物を毎年出展している。
実際は霊夢の出し物というよりは彼女が誰かに頼み込んで出し物をやってもらっているのだが、まあそれは置いておく。

「いつもは騒霊三姉妹呼んだり河童に発明品出してもらったりしてたんだけどさ、今年はどっちも個人でやりたいからって」

霊夢はそう言ってため息。チルノにも、大体の事情が飲み込めた。

「つまり、何をするか一緒に考えてくれって事だ」

魔理沙はそう言って説明を締め括った。

「毎年誰かに頼んでたとは言え、何もしないってのも気が引けるのよね。お賽銭も減っちゃいそうで」

年に数回の、神社に沢山の人が集まるチャンスだけあって、霊夢の悩みも深刻なようだ。

「ステージ使って何かやるか?」

魔理沙の言葉に首を傾げる霊夢。

「やるったって、何を?そんな大掛かりな出し物、用意出来るかしら」

演奏やショー等の為にステージも特設される。まあ大抵はプリズムリバー・オンステージだ。

「う〜ん……」

二人はそのまま考え込んでしまった。
だが、話を聞いていたチルノの脳裏には先日の『香霖堂』での光景が蘇っていた。
断片的な映画のシーン。レトロな音楽。夕日。そして、霖之助の言葉。

 

『いつの時代も大人から子供まで沢山の人を魅了し続けるヒーロー。その功績は決して色褪せず、人々の胸に残る……そんな、素晴らしい人さ』

 

―――ムービースター。銀幕を通して人々に夢を運ぶ、世界中の人気者。かっこいいなぁ。自分も、そうなれたら。
チルノは我知らず、呟いていた。

 

「―――映画」

 

「え?」

霊夢の疑問符を伴ったその言葉でチルノは急に我に返る。

「あ、あれ?あたい、何か言ったかな」

焦るチルノとは対照的にきょとんとしていた魔理沙は、おいおい、と笑いながら言った。

「自分で言った事を忘れるなよ。……で、何て言ったんだ?霊夢」

どうやら彼女も聞き逃したらしい。

「……『映画』。確かにそう言ったわね。映画を撮ろうって事?」

霊夢にそう言われ、チルノはある種、腹を括った思いでそれに答える。

「……うん。みんなで映画を撮って、ステージでお客さんに見せようよ。きっとみんな喜ぶよ」

なるほど、とポンと手を打ったのは魔理沙。

「そりゃ面白そうだな。初めての試みだし、客の食いつきも良さそうだ」

肯定的な意見を貰えて安堵するチルノだったが、霊夢はすぐには首を縦に振らなかった。

「面白いとは思うんだけど……撮りたい、だけじゃ映画は撮れないんじゃない?詳しくはわからないけどさ。
 機材とか、場所とか……それに、脚本。もっと重要なのはキャストよ。誰が出演するの?」

分からないと言いながらやたら詳しい霊夢だったが、彼女の言う通りだ。
映画は多くの人間が関わり、協力する事で成り立っている。一人で撮る事など不可能だ。
魔理沙もう〜ん、と唸る。

「言われてみりゃあな。宣伝するにも、そっから決めないと。それに、もう一つ大事な問題がある」

「何?」

霊夢に尋ねられ、魔理沙はすっ、と指を一本伸ばして言った。

「……主役だよ。キャストは後からでも多少の融通は利くが、主役は映画の顔だし、台本との兼ね合いもある。この上なく重要だと思うぜ」

それを聞いたチルノの心臓が、どくん、と大きく跳ねた。
ムービースターへの憧れが背中を押した、『映画撮影』の案。言うなら、今しかない。言うんだ。
チルノの口が、ゆっくりと開く。

「……あたいが……」

「え?」

先刻と同じく聞き返す霊夢。

「あたいが、やりたい。その……映画の主役」

ありったけの勇気を振り絞ったチルノの発言。二人にはどう映ったのだろうか。
その発言を聞いた霊夢と魔理沙は、沈黙。チルノの顔を驚きの表情で見つめている。

「……な、なによ」

何も言われない事に若干の焦りを感じたチルノが言うと、魔理沙が次に浮かべた表情は―――苦笑い。
この場面でのその表情が意味する所は、チルノにも解ってしまう。それは、

「……お前がか?ん〜……悪い事は言わん、止めといた方がいいんじゃないか?」

―――無茶する者を諌める。
ストレートな発言では無いにしろ、自らが望んだ主役の座を真っ向から否定されたチルノは、思わず語調を荒げた。

「な、なによなによ!あたいじゃ無理っていうの!?」

しかし、霊夢も同じ意見のようだった。

「う〜ん……あんたは、なんていうか……主役って柄じゃないのよね。それに、主役を張るって事は、相当な演技力を要するの」

彼女も苦笑い。

「―――あんたに出来るの?」

うんうん、と頷く魔理沙。
自らが出した、『映画撮影』の案。その理由はただ一つ、ムービースターへの憧れ。
しかし、主役になれないのではその夢は見果てぬものになってしまう。こんな所で躓いてはいられない。
チルノの脳裏に、再び先日見た映画の光景が蘇る。主役の怪盗は、本当に格好良かった。自分もああなりたい。
見てくれた人に夢と希望を与える存在になりたい。なりたい。なりたい。なりたい―――

 

「な……なめんなーーー!!!!」

 

思わず、チルノは叫んでいた。
二人は再び驚きの表情。肩で息をしながら、チルノは二人に指を突きつけた。

「あ、あ、あたいだって主役になれるもん!そんなに言うなら、見せてあげるから……待ってなさい!!二週間よ!!」

「あ、おい!」

早口で捲し立て、チルノは激情に駆られるままに二人に背を向け走り出した。
チルノが去った後、暫し呆然と立っていた二人は顔を見合わせた。

「どうする?待ってやるか?」

魔理沙が言うと、霊夢も頷いた。

「ま、面白い案ではあるし、あいつも本気みたいだからね。二週間でどこまでやれるかな……」

チルノが走り去った方向を見やり、霊夢はふぅ、と息をつくのであった。
博麗神社の祭りまで、あと二ヶ月半。

「はぁ、はぁ……どうすればいいんだろ」

息を切らせながらチルノは歩く。
啖呵を切って飛び出して来たはいいが、チルノは具体的にどうすればいいかがよく分からなかった。
しかし今更『出来ません』なんて言えないし、何よりも彼女の中のムービースターへの渇望は本物だった。
一人で考えても仕方ないと思い、チルノは湖畔に建つ一軒家の玄関のドアを叩く。

「大ちゃん!大ちゃん!」

やがてドアが開き、中から大妖精が出てくる。
何は無くとも大妖精に相談、というのはチルノの中のお決まりパターンだ。

「あれ、チルノちゃん。どうしたの?今日は博麗神社に行ってるって聞いたけど」

首を傾げる大妖精だったが、チルノは有無を言わさずにその肩を掴んで揺さぶった。

「お願い、大ちゃん!映画撮るの、手伝って!!お願い!!」

「わ、わわ……お、落ち着いて!」

そこでようやく開放された大妖精は、とりあえず、とチルノを家に招き入れる。

「はい。……で、何で映画なの?」

冷えた麦茶のグラスをチルノの前に置きながら大妖精は尋ねた。
そんな彼女に、チルノは今までの事を洗いざらい話して聞かせた。
映画に感動した事。ムービースターに憧れた事。祭りの事。主役を張りたいと言ったら無理だと言われた事。それが悔しくて、二週間という期限で映画を撮ると宣言した事。
大妖精は口を挟まずにそれらを最後まで聞いてやり、話が終わったのを確認して口を開く。

「そっか……チルノちゃんの気持ちは凄くわかるよ。けど、二週間かぁ」

そう言って何か考えるように視線を宙に彷徨わせる彼女に、チルノは申し訳無さそうに俯く。

「ごめん。無茶だって分かってるけど……あたいバカだから。どうしていいか分かんなくて……」

「そんな事言わないで。大丈夫、私も出来る限り協力するから、頑張ろう?ね?」

「……ありがとう」

チルノはこの時、大妖精が友達で良かったと心底思ったという。
大妖精は励ましの言葉を掛けつつ、頭の中で必要な物をピックアップしてみる。

「えっと……まずは機材だよね。カメラとか、フィルム。あとは当然、他に映画に出てくれる人を探さなくちゃ」

そこまで指折り数え、彼女はチルノに訊いた。

「ところで、脚本は出来てるの?どんなお話にするか、とか」

「え……ごめん、まだ」

それを聞いた大妖精はすっく、と立ち上がる。

「じゃあ、チルノちゃんはここで脚本を考えてくれる?私が、必要な物を揃えてくるよ」

「え、そんな。大ちゃんにそこまで……」

言いかけたチルノの唇に人差し指をそっと当て、大妖精はウィンク一つ。

「チルノちゃんは主役兼脚本。一番大事なお仕事なんだから、それに専念しなくちゃ。他は任せて、ね?」

暫し彼女の目を見つめた後、チルノは黙って頷いた。
大妖精はチルノの前にノートと鉛筆を置くと、『留守番お願い。頑張ってね』と言い残して家を出た。

大妖精が帰宅したのは夕方だった。
彼女が玄関のドアを開けると、チルノはテーブルに突っ伏して居眠りをしていた。グラスは既に空だ。
それを起こそうとチルノに近付いた大妖精の目に、チルノの顔の下に開かれているノートが映った。
何事か書かれているそれをそっとチルノの顔の下から引っ張り出し、読んでみる。
そこには、既に脚本が出来上がっていた。要約するとこうだ。


主人公のチルノは、周りからは湖に住む妖精として認識されている。
しかし、その裏の顔は幻想郷を股にかけ、日々困っている人々を救う為に暗躍する怪盗であった。
ある日、チルノは博麗神社から御神体として祀られていた像が何者かによって奪われてしまったと聞く。
御神体が無くなった事により、神社の巫女や近くに住まう人々の身に次々と災厄が降りかかる。
このままではいけない。チルノはいつも良くしてくれる人々の恩義に報いるべく、御神体の奪還に向かう―――


必死に考えたのだろう、ノートには何度も消しゴムをかけた跡がある。
読み終えた大妖精は暫し呆然としてしまった。だが、悪い意味ではない。
その内容はチルノが見た映画の影響が色濃く出てはいたが、御神体が盗まれて災いが降りかかる、といった辺りは実に、神様の類が跋扈する幻想郷らしい。
素直に面白い、と思った大妖精はチルノを優しく揺り起こす。

「チルノちゃん」

「うにゃ……あ、大ちゃん。おかえり」

寝ぼけまなこのチルノだったが、大妖精が手にしたノートに気付く。

「ごめんね、勝手に読んじゃった」

「あ、うん、それはいいんだけど……ど、どうかな?」

心配そうに尋ねるチルノに、大妖精は笑顔を向けた。

「うん、凄く面白い!これならきっといい映画になるよ」

「ほ、ホントに!?」

安堵した表情のチルノに、大妖精は今度は持ってきた機材を見せる。

「私も借りてきたよ。霖之助さんを拝み倒して、なんとか」

彼女が借りてきたのは映写機と8mmフィルム用カメラ、そしてフィルム。とりあえず最低限の機材だ。

「私も映画撮影の事はよくわからないんだけど、これだけあれば一応撮れるって聞いたよ」

「ありがとう!ゴメンね、何から何まで……」

「いいんだってば、気にしないで」

それから大妖精は窓の外を見る。夕焼けでオレンジ色に染まる空。

「他に出てくれる人はまだ見つけてないんだ。機材だけでこんな時間になっちゃったし、明日探さなくちゃ」

しかしチルノとしては明日にも撮影を始めたい。期限は僅か二週間なのだ。
同じように窓の外を眺めながら、チルノは呟いた。

「……とりあえず、みんなに声を掛けてみようかな」

―――明くる午前中。
脚本ノート片手のチルノと機材を抱える大妖精は、『みんな』―――ミスティア、リグル、ルーミアのいつもの仲良しメンバーに声を掛けて回った。
『映画撮影に協力して欲しい』との頼みに、三人とも快諾。持つべきものは友達である。
メンバーが一挙に五人に増えて少し安心したチルノは、一同を交えて話し合い。

「んで、みんなにも映画に出て欲しいんだ」

脚本の内容を一通り説明し、チルノが言う。
そこではい、と手を上げるミスティア。

「それはOK、というよりむしろこっちからお願いしたいくらいなんだけどさ、五人だけじゃ限度がないかな?」

すると、リグルも頷く。

「少人数での撮影なら同じ人が違う役で何度も出演する、っていうのはありえる話だけど、普通の人間ならともかく私達じゃ少し厳しいかも」

ざっと見渡してみると、妖精組とミスティアは羽、リグルにも触覚があり、目立つ。
別の役柄を演じる場合は普通は服装を変えれば大丈夫だろうが、これだけ目立っては違和感も生まれそうだ。

「じゃあ、細かい役はルーミアちゃんにお願いしてもいいかな?」

確かにルーミアならそこまで目立つ身体的特徴も無く、せいぜいリボンくらいだ。これなら被り物で隠したりと融通が利きそうである。

「そーなのかー」

大妖精の言葉に十八番の返しをするルーミア。それを承諾と受け取り、チルノは再び皆に向き直る。

「じゃあ早速、みんなの役を決め……」

「あ、待って」

言いかけたチルノを遮り、今度は大妖精が手を上げた。

「まずは、細かい台本を作らなきゃ。お話の大筋は決まっても、カット毎の細かい演出とか演技とか、台詞とか設定とか、決めなきゃいけない事はたくさんあるよ?」

「あ、そっか……う〜ん」

言われたチルノは考え込んでしまったが、同じく大妖精が助け舟を出した。

「とりあえず、みんなで考えない?」

チルノの家に集合した一同は、そのまま詳しい台本作り。
まずは物語の細かい内容を決める事に。
当然物語の最初から作っていく事になるのだが、これが中々難しく、そして楽しい作業であった。

「一番最初、どうする?いきなり本編?」

「いや、いきなり入るよりかはチルノの正体を皆に見せる感じの演出を……」

「だったら、一仕事させる?本編の前のさ」

「じゃあ、そこの設定も少し考えないと……」

「賽銭が盗まれたとか?」

「それじゃ被るよ。だったら、紅魔館から魔道書が盗まれたとか」

「盗まれた物をこっそり返して、喜んでもらう演出が欲しいね。そこで満足そうに笑い、去っていく。これだけで伝わるんじゃないかな」

「なるほど〜」

侃々諤々と話し合いは白熱。その中から決定した事項を、大妖精がノートに素早くメモしていく。
観客のファーストインプレッションは大事だと、特に映画序盤については徹底的な議論が交わされた。
登場時の演出や、盗まれた事を知るきっかけ、果てはその時の喋り方まで細かく決める。細かい部分だからこそ、矛盾があってはならない。
議論は続いた。

「ところで、誰が犯人というか、悪役をやるの?盗んだ相手」

「あ……そういえば考えてなかったなぁ。誰かやりたい?」

「悪役を進んでやりたがる人はあんまりいないと思うよ……」

「盗んだ理由とかも考えないと」

「私が考えたのは、守矢神社の回し者。博麗神社の信仰を妬んで、みたいなね」

「あ、それいいね」

「でも、守矢神社の人達が勝手に悪者にされたら怒るんじゃないかな?」

「そこは、う〜ん……本人達には知らせず、独断での犯行って事にすれば」

「お、頭いい!」

「なんにせよ、ちゃんと許可はもらった方がいいね」

話し合いが一段落した一同がふと気付くと、窓の外では夕日が沈みかけ、空も濃紺が主張を始めていた。
この日だけでは最後まで終える事が出来なかったので、翌日再び集まって話し合い。
最も力が入ったのはクライマックスシーンの演出。

「やっぱり敵に囲まれて……」

「で、恨み言を言われると……」

「それにクールな返しを……」

「崖を背に……」

などと話し合いは続く。序盤のシーンと同じくらいの時間をかけて綿密な設定を行い、そして―――

「んで、最後は夕日を背に立ち去ると。うん、完成!」

「お疲れー!」

ようやく細かい脚本が完成し、一同はパチパチと拍手。
昨日と同じように、窓の外は既に濃紺。結局そのまま解散となり、撮影は翌日から始める事となった。

(いよいよ、明日から撮影かぁ……)

皆が帰って家に一人になってからチルノは、ふつふつと興奮してくるのを感じた。
数日前まではただ思い描く事しか出来なかった『ムービースター』の座が、何だか手を伸ばせば届きそうな位置まで来てくれた気がした。

(簡単には出来ないだろうけど……あたいはムービースターになるんだもん、絶対に乗り越えるよ!)

チルノはどうにも興奮を収める事が出来ず、作ったばかりの台本を何度も読み直した。
どのシーンから撮影するのかも決めてないのに、必死に台詞を覚えた。
目を閉じれば、完成した映画の薄ぼんやりとしたヴィジョンが脳裏に浮かび、目が冴える。眠れなくて、やっぱり台本を読んでしまう。
明日が待ち切れない。

―――翌朝。
三度チルノの家に集合した一同。今日から撮影を始めるとあって、皆のテンションも高い。
ただ、大妖精だけはどこか浮かない表情をしている。

「どうしたの?具合でも悪いとか?」

気になったチルノが尋ねてみるが、

「あ、えっと……ううん、何でもないよ。気にしないで……早く始めよ?」

そう言ってゆるゆると首を振るだけだった。チルノ達は彼女の事が心配ではあったが、目の前に迫る映画撮影の魅力には勝てず、本人の言う通り撮影を開始する事に。

「んじゃ、どっからやる?」

人数分書き写してそれぞれに配られた台本をパラパラめくりながらミスティア。

「う〜ん、とりあえず出来そうな所からやってみようか。後からでもフィルムの繋ぎあわせで順番はどうにかなるらしいし」

チルノはそう答えつつも台本のページを繰り、どこか簡単そうなシーンを探す。
各シーンには全て番号が振ってあり、シーン番号を言えばどの場面かが分かるようになっていた。
また、別紙にシーン番号が書かれた表が作ってあり、撮影済みのシーンやその他チェックを入れたシーンが一目で分かるようになっている。どちらも大妖精の仕事だ。

「そうだなぁ、この森の辺りで撮影するシーンからやってみようか。あたい達だけで撮影できるし」

チルノの提案に一同は頷き、それぞれ台本や機材を手分けして持ち、最初のロケ地となった森まで移動。
その道中、やはり大妖精の顔色が優れないのでチルノはそっと声を掛ける。

「大ちゃん、大丈夫?あんまり無理しない方が……」

しかし彼女は急に声をかけられて驚きこそしたものの、力なく笑うだけであった。

「……ううん、体調が悪いとかじゃないの。私の事は気にしなくていいから、ね?」

明らかに様子がおかしいとは分かるのだが、他ならぬ本人が大丈夫と言っている。
それ以上にこれから撮影という事実がチルノの気分を否応無く高揚させるので、チルノもとりあえず気にしない事にした。

森へやって来た一行は、早速準備に取り掛かる。
大妖精がカメラの準備をする間、このシーンで出演するチルノとルーミアは打ち合わせ。残りの二人は周りに人がいない事を確認。

「出来たよ!」

「こっちも大丈夫、人はいないよ」

各々の報告で撮影可能とチルノは判断し、いざ撮影開始。

「それじゃあ、シーン16の撮影始めま〜す」

とりあえず監督の代わりを務める事となった大妖精が言うと、一挙に全員の表情が引き締まる。
シーン16は、チルノが御神体が盗まれた事による影響を知る場面の一部だ。
全員の準備が出来た事を確認し、彼女は三脚で固定したカメラを覗き込む。カメラマンも兼任だ。

「いきます。5、4、3、2、1……」

カウントダウンの後に、カメラの方向へ向けて『どうぞ』というジェスチャー。その寸前に撮影を始めている。

 


それと同時に、包帯を所々に巻いたルーミアがよろよろと歩いてくる。
反対側から歩いてきたチルノがその姿に気付き、駆け寄った。

「ルーミア!?どうしたの、その怪我!」

するとルーミアは力無く笑って答える。

「博麗神社の石段で転んじゃって……まだあちこち痛いけど大丈夫だよ」

「大丈夫ならいいけど……こんなに包帯まで巻いて。どれくらいの高さから落ちたの?」

心配そうに尋ねるチルノ。

「半分くらいかな。よく覚えてないんだ」

「もう、気をつけなきゃ」

すると、ルーミアは神妙な面持ちになって言った。

「でね、ちょっと気になる事があるんだけど……」

「なに?」

「なんか、転んだ時にね……誰かに足を引っ掛けられた気がしたんだ。誰もいないのに」

「え?」

思わず聞き返すチルノにルーミアは言葉を続ける。

「それにね、この何日かで何人もの人が博麗神社の石段で転んでるんだって。しかもみんな、誰かに足を引っ掛けられた気がしたって」

「………」

チルノは口元に手をあて、考え込む。

「……そういえば、他にもお財布落としちゃったりした人がたくさんいるって」

するとチルノはルーミアに尋ねる。

「ねえ、人が転んだり、色々不運な目に遭い始めたのっていつから?」

ルーミアは少し考えてから言った。

「一週間くらい前かな。そうそう、ちょうど神社のごしんたい?が盗まれたあたりからかなぁ」

それを聞いたチルノは眉をひそめた。ここでカメラはチルノの顔をアップ。

「……まさか……」

 


そこで二人の演技はストップ。少しの間を置いてから、

「カット!」

大妖精の声が響いた。そのまま彼女はカメラを操作し、撮影を終了。

「うん、いいと思うよ。初めてなのによく出来たね」

「お疲れ様!」

労いの言葉をかけられ、二人はほっとした表情。

「う〜、緊張したよ」

「でも楽しいよ。台詞もちゃんと言えた!」

満足そうな二人。チルノはそのまま台本を開く。

「次はどこにしようか?」

「このまま、この辺で撮れるシーンにしようよ」

ルーミアの意見に頷き、さらにページをめくるチルノ。

「よし、次はこれ!博麗神社へ向かうシーンで」

「オッケー、やろう!ほら、早く準備準備!」

気分が乗ってきたらしく、チルノは笑顔で一同を急かす。
それに同調するように他のメンバーも一様に笑顔のまま、いそいそと準備を始める。

―――そのような調子で、この日の撮影は割と順調に進んでいった。

―――それから三日間、彼女達は撮影を続けた。
台詞を間違えたり、失敗する事もあったが、後から修正可能とは聞いていたので深くは考えず、納得できるまで撮り直した。
何もかもが初めての経験ではあったが、それがかえって手探りで進めていく冒険的要素を付与してくれているのでチルノ達は撮影を本当に楽しんでいた。
撮影の合間に互いの演技指導をしてみたり、雰囲気に合わせて台詞をちょこっと変えてみたり。本当に充実した撮影スケジュール。


―――ただ、一つだけの気がかりがそこにはあった。

 

「大ちゃん、この間からなんかヘンだよ?」

休憩時間、カメラをいじっていた大妖精にチルノがぶつけた言葉。似たような質問はこの数日で幾度と無く繰り返したが、今回は少し強い口調だ。
―――撮影開始当初から、ずっと晴れることの無い大妖精の表情。それだけが、彼女達の気がかりだった。

「え……やだなぁ、そんな事ないよ」

そう言って大妖精は笑顔を見せるが、チルノは首を横に振る。まるで、『その手はもう通用しない』とでも言うように。

「そんな事あるよ。あたいは大ちゃんとずっと一緒にいたからわかるの。何か隠してる」

「か、隠してるだなんて……」

大妖精は焦った表情でチルノの顔に視線を向けたり、逸らしたり。明らかに動揺しているその素振りは、チルノの疑念を確信へと変えた。
それに気付いた他のメンバーもやって来て、意図せず彼女を取り囲む形に。

「そうだよ。私もずっと心配で……」

「何かあったの?言ってくれれば相談だって乗るのに」

口々に心配する声をかけるが、大妖精は押し黙ってしまう。
再びチルノが口を開いた。

「大ちゃんがおかしくなったの、映画を撮り始めてからだよね。ひょっとして、映画に関すること?」

「………!」

一瞬だけ表情を変えたが、その問いに答えを返すことが出来ず俯く彼女に、チルノは思わず語気を強めた。

「そうなの?」

「………」

「大ちゃん!!」

言ってしまってからチルノは、はっと口元を押さえる。そして、つい怒鳴ってしまった自分を恥じた。
だが、それがかえって良かったのかもしれない。押し黙るだけだった大妖精の口がゆっくりと開いた。
暫く唇を震わせていた彼女が、ぽつり、と呟く。

「……ごめんなさい」

―――最初の言葉はそれだった。
その謝罪の意味が分からずに理由を尋ねようと口を開きかけたチルノ。だが、その必要は無かった。

「……チルノちゃんの言う通り。映画のこと。でも……言っていいのかわからなくて……」

「悪いなんて思わないよ。いいから言ってみて?」

チルノの許しを得た大妖精は、少しずつ話し始めた。

「みんな、今すごく頑張って映画撮影を進めてるよね。ちゃんと細かい演技とかも気にしてるし、本当にすごいと思う」

黙って彼女の言葉に耳を傾ける一同。

「特に、台詞回しにはみんな気を使ってるよね。聞き取りやすさだとか、かっこいい言い回しだとか。でも……」

そこで一旦言葉を切った大妖精は、俯き加減になって続けた。

 

 

「……音、とれてないんだ……今までの、全部」

 

 

それを聞いた瞬間の一同の表情―――唖然、というより、言っている意味が分からないといった体。
軽く深呼吸し、あくまで平静を装ったままチルノが尋ねる。

「……どういうこと?」

すると大妖精は泣きそうな表情のまま再び口を開く。

「機材を借りたその日の夜、自分で色々調べてみたの。映画の撮り方とか。
 そしたらね……録音には別に機材が必要で、カメラを回すだけじゃ、フィルムには映像しか入らないんだって」

そう言葉を続ける大妖精の顔は蒼白だった。
それは他のメンバーも同じ。特に音の部分には色々気を使ったつもりだった。効果音がイマイチという理由で撮り直した事もあったくらいだ。
なのに、それらの努力は全て無駄であったという現実。それは、始めて数日というビギナーとはいえ、映画撮影に情熱を注いだ者達にはあまりに残酷だ。
しかし、大妖精の告白は続く。

「録音機材も探したんだけど、見つからなくて……それにね、まだあるの。今後の撮影について」

「……なに?」

そう言って促すチルノの手は震えている。

「……みんな、小道具とかどうするの?」

「あっ」

思わず呟いてしまう。
これまでの撮影は全て彼女達本人がいれば成立する場面だけだったが、全て出演者オンリーで進められるかというとそんな筈は無い。
当然ながら、劇中に登場する道具や仕掛けは自分達で作らなければならないのだ。
特に、この映画の目玉でもある『博麗神社の御神体』。実際に存在するかも分からないし、あったとしてもそう簡単に借用出来る代物では無い。
普通は、それらしい物を自作するだろう。

「期限は、もう二週間もないんだよね。今から小道具とか作ってて、間に合うのかなって……」

その、彼女達にとっては意地悪以外の何者でもない現実を知り、チルノの頬を冷や汗が伝う。
―――それだけで済むならどんなに幸福か。

「あと……この映画って、五人以上の人が登場するシーンがない、なんてことないよね?そのシーンはどうやって撮影するの?」

当然ながら、群衆(モブ)が一切いない映画などありえない。どんなジャンルの映画であれ、一度に画面に映る人数が片手で数えるくらいというシーンしかない映画など不自然極まりない。
通常はエキストラとして人を雇うだろう。だが、そういった伝も無い彼女達はどうするのか。
もう言葉を発する事も出来ず、チルノは疲れている訳でも無いのに肩で息をしていた。

「それに、フィルムを切り貼りしたり、映像を編集する機材もないよ」

まるで無実の人に死刑宣告をするかのような気分なのだろう。大妖精の声は、聞いていられないくらいに悲痛で、重くて。

「他にも、ロケ地のこととか色々あるんだけど……とりあえず、それだけ」

蚊の鳴くような声でそう締め括った大妖精の目にはうっすらと涙。
押し黙ってしまった一同。暫しの静寂を破ったのはまたもチルノ。

「……どうして、言ってくれなかったの?」

そう考えるのは当然の事だろう。撮影開始当初とは言わなくても、もう少し早く言えば何らかの対策は出来たかもしれない。例え、それが気休めでも。
だが、言われた大妖精は急にガバッと顔を上げた。

「だって!!」

泣き叫ぶような声だった。
しかし彼女はそこで落ち着きを取り戻し、再び小さな声で続けた。

「……だって、みんな本当に楽しそうだったから」

それを聞いた一同の脳裏には、共通の映像が浮かんでいた。
撮影開始当初。誰もがこれから始まる『映画撮影』という未知の体験に心躍らせていた。
少し考えれば多くの穴がある事は分かったはずなのに、みんな笑顔で、楽しそうで。
そんな彼女達の夢を叩き壊すような真似など、どうして出来ようか。

「今更そんな事言って、みんなの楽しみや頑張りを壊すなんて……私には出来ないよ……」

それだけ言って、大妖精は再び俯いてしまった。さっきよりも深く、その表情は見えない。肩が震えている。
もしかしたら、泣いているのかも知れない。
チルノが楽しそうに語る『ムービースター』への憧れを、誰よりも傍で聞いていた彼女。
だからこそ、親友の夢を壊したくない思いと、厳しすぎた現実の板ばさみは強烈だ。

「……ごめんね……ごめんね……」

うわ言のように呟く大妖精。

「そんな、大ちゃんのせいじゃ」

慌てて否定しようとして言いかけたまま、チルノは凍りついたように動きを止める。

「……あたいが……全部悪いんだ」

そう呟くチルノの声もまた、震えている。
たった五人、しかも二週間で映画撮影なんて、あまりに無理がありすぎる。ちょっと考えれば分かるのに―――いや、分かっていたのに。
自分の我が侭のような計画で親友達を振り回して、迷惑をかけて。

「そんな」

それを否定しようとしたミスティアもまた、凍る。
チルノの一見無謀な案は、全てムービースターへの純然たる憧れのため。そこには誰よりも純粋で、一途な想いが詰まっている。
例えどんなに無茶だったとしても、どうしてチルノを責められようか。
何があろうと彼女の力になろうと決めた親友達に、チルノを責める理由など見つからない。
じゃあ、誰が悪いのか?
それとも、誰も悪くないのか?
答えを見つけられず、ただ凍り付く事しか出来ない。

 

―――誰も、何も言わない。
聞こえてくるのは、スイッチの入ったままのカメラから聞こえて来る無機質な機械音だけ。
さっきまで晴れていた筈の空はいつの間にか曇り空。
今にも泣き出しそうなその空模様は、まるでチルノ達の心像風景のよう。

 


―――たかだか336時間。二週間なんて、あっという間だった。
約束の日の正午前。博麗神社の一室で、霊夢は待っていた。紙で作った簡素な物ではあるが部屋にわざわざスクリーンまで張り、映写機も準備して。
やがて、襖をノックする軽い音。

「いいわよ」

霊夢が声をかけると、ゆっくりと襖が開いた。
そこには、フィルムを抱えたチルノと付き添いの大妖精の姿。
二人とも若干俯き加減で、表情がよく見えない。

「よく来たわね。聞いた話だと、真面目に映画撮影してたらしいじゃない。見直したわよ」

霊夢は人伝にチルノが仲間を集めて撮影を開始した事を聞き、彼女に期待をするようになった。少なくとも、案を持ちかけられた時よりは確実に。
この日も、どこか期待する気持ちを抱きつつ、彼女はチルノ達を迎え入れた。

「それじゃ早速だけど、見せてもらえるかしら。あんたの”二週間”の成果」

そう言って手を差し出す霊夢だったが、チルノは何の反応も示さない。まるで時間を止められてしまったかの如く、焦点の定まらない瞳でどこかを見つめている。
大妖精は、そんなチルノの横顔を見て、目を伏せる。

「どうしたの?」

フィルムを渡すどころか、身動き一つしないチルノを不審に思い、再度尋ねる霊夢だったが―――

 

―――ぽろり、ぽろり。

 

チルノは、言葉では無く涙でそれに答えた。

「え、え!?ちょっと、どうしたのよ」

突然目の前で涙を流されては驚かない筈も無く、霊夢は慌てた。
しかしチルノはやはり無言で肩を震わせ、涙をこぼし続けるばかり。フィルムを抱く腕に、一層強い力が篭ったように見える。
横で目を伏せていた大妖精が顔を上げた。

「……ごめんなさい、霊夢さん」

「どうして謝るの?」

理由を尋ねる霊夢に、大妖精も泣きそうな表情を見せる。

「……映画は、完成出来ませんでした……」

その告白を横で聞いたチルノは、目をぎゅっ、と閉じる。それでも瞼の隙間から涙が伝って落ちてゆく。

「それどころか、音は一切無いサイレント状態ですし、フィルムを切り貼りする専用の機材も無いので場面の繋ぎ合わせもボロボロで……」

「……こんなの……ひっく……み、みせられないよぉ……」

ついに我慢できなくなったらしく、チルノはしゃくり上げながら、何とかそれだけの言葉を紡ぐ。
チルノはただ、泣く事しか出来なかった。

―――大口を叩いておきながら結局映画を完成出来なかったのが、悔しくて。

―――友達にあれだけ協力してもらったのに映画を完成できなかったのが、申し訳無くて。

 

―――何より、どれだけ憧れても自分が『ムービースター』にはなり得ないと分かったのが、たまらなく悲しかった。

 


―――『撮りたい、だけじゃ映画は撮れないんじゃない?』

 


今更ながら、いつかの霊夢の言葉が脳裏に蘇る。その通りだ。
たった二週間ではあるけど、自分なりに頑張ったつもりだった。大妖精の告白を受けたあの日以降も、一縷の望みに賭ける思いで撮影を続行した。
例え音が入ってないと分かっていても台詞を覚え、何度でもリトライし、その都度互いに演技を磨きあって。
期日が近付き、完成が絶望であると分かっても諦めず、少しでも良い映画にするべく努力を重ねて。
ひたすらカメラを回し、機材が無いからハサミでフィルムを切り貼り。
少しでも時間があれば練習に費やし、ただ、ただ、映画の完成だけを夢見て頑張った。

―――けど、現実はそんなに甘くなくて。

これだけ努力をしてもダメなら、自分はムービースターになんてなれっこない。
所詮は叶わぬ妄想、泡沫の夢―――

 


「そんなの、分かってるわよ。いいから見せて頂戴」

 

霊夢の言葉で、チルノの暗い思考は断ち切られた。
思わず顔を上げる。滲んだ視界の向こうで、霊夢は確かに笑っていた。

「冷たい言い方かもしれないけど、二週間で映画が完成出来るなんて誰も思ってないわ。
 それよりも私は、あんた達が頑張った証が見たいの。未完成でも何でもいい。さ、見せて?」

―――気休めなのかも知れない。泣いてる自分を慰める為の方便かも知れない。
けど、チルノにはその言葉が嬉しくて。思わず、フィルムを抱えたその腕の力を緩めていた。
それを見逃さず、霊夢はチルノの腕からフィルムをさっと取り上げ、映写機にセットした。


―――あの時と同じように、映写機がカタカタと音を立て始める―――。

 

やがてスクリーンに映し出された未完成の『映画』を、霊夢はじっと見つめている。
チルノと大妖精も、その後ろからそっと見てみる。
スクリーンの中のチルノは、確かに映画の登場人物だった。走り、跳び、氷の弾幕を放って彼方へ飛び去る。
いきなり画面が乱れたかと思うと、次のシーンへ移り変わっている。無理矢理切断したフィルムでは、綺麗な場面転換など出来ない。
スクリーンの中で、包帯を巻いたルーミアと会話を交わすチルノ。一切音は聞こえてこないから、霊夢にはその会話内容が分からない。
しかしそれでも、スクリーンから決して目を背けずに映画を見つめている。聞こえない音に耳を傾ける。
一方チルノと大妖精の頭の中には、鮮明に二人の会話が聞こえて来る。ここは映画撮影を開始して、始めて撮ったシーンだ。
やがて真剣な表情をしたチルノの顔がアップで映り、画面が乱れる。次のシーン。
リグル、ミスティアを連れたチルノが、博麗神社の石段を登る。
何事か会話を交わす三人。時折どこか遠くを指差したり、ポケットから取り出した地図のような物を眺めたり。それから、再び登り始める。
それからも、数度場面は切り替わる。
森を歩き回るチルノ。湖の傍で何かを探す大妖精。先程の三人で、妖怪の山の方角へ歩き出したり。
そんな幾度かの場面転換を経て―――スクリーンには、何も映らなくなった。

暫く真っ白なスクリーンを見つめていた霊夢は、映写機のスイッチを切る。
フィルムを取り出してチルノへ差し出しながら、彼女は口を開いた。

「……やる気はある?」

「へ?」

フィルムを受け取ろうと伸ばした手を止め、涙目のままチルノは聞き返した。

「あんたにまだやる気はあるのか、って訊いてるの」

そう言い直す霊夢の眼差しは真剣だ。

「今見せてもらった映画。残念ながら、どんなお話なのか私にはまだ分からなかった。音が無いから仕方ないけどね。
 でも、あんたやその友達が本当に一生懸命取り組んだ結果がこれだって事は分かった。
 ただ撮るだけじゃない。見てくれた人を感動させようという努力や、いい演技で盛り上げようという情熱、そんなあんたの姿勢もね」

無言で霊夢の言葉を受け止めるチルノ。

「その上で、訊くわ。あんたに、映画撮影を続行する気持ちはある?
 二週間の期間と五人のメンバーでは成しえなかった、この映画を完成させるという目標に向かって、あんたはまだ頑張れるかしら?」

それを聞いたチルノは、ゆっくりと―――だが確実に、頷く。大妖精もそれに倣った。
すると、途端に霊夢の表情が緩んだ。

 


「そう、良かった。なら、私の行動も無駄じゃ無かったわね」

 


「……え?」

霊夢の言葉の意味が分からず、聞き返すチルノ。
だが、彼女はそれに答える代わりに、パンパンと手を叩いた。
すると―――突然襖が開き、中からどやどやと何人もの人影が部屋に雪崩れ込んだ。
入ってきた者達はやがて、チルノ達の前に横並びに整列。
チルノも大妖精も驚いた。突然人が集団で雪崩れ込んできたのだから当然と言えるが、何より、それらが皆よく見知った顔だったからだ。

「ん〜……とりあえず、端からよろしく」

「よっしゃ、任せな!」

霊夢の言葉で、一番右端にいた人物―――河城にとりがその胸をドン!と叩く。
そして、後ろ手に持っていた物―――小さめの機械を二人の前に差し出す。

「お前さん達、これな〜んだ?」

「??」

首を傾げる二人に、にとりはけらけらと笑ってみせた。

「録音機材さね。これで、映画に効果音だろーがBGMだろーが入れ放題!それと、スプライサーだっけ?フィルムをカットするやつ。あれも作ったから」

「つ、作った!?」

大妖精の心底驚いたような声に、にとりは気持ち良さそうに頷く。エンジニアな彼女としては、その驚きの表情が何よりも嬉しいのだろう。

「あったりまえ!河童の技術力を舐めんじゃないよ!」

腰に手を当ててはっはっは、と笑うにとり。続いて、その横の人物が口を開いた。

「エキストラがいないらしいな。それなら、私達に任せてくれ」

そう言うのは、上白沢慧音。その横の藤原妹紅も頷く。

「人里の人々に、私達から声をかけておくよ。みんなノリはいいから、きっと喜んで参加してくれるさ」

「それと、もし良ければ私達も映画に……」

慧音がそう言って、二人に向かって手を合わせてウィンク。

「ま、それは出来たらでいいから」

そんな彼女を見て、妹紅は苦笑いでそう締め括った。
するとその横で今度は、三人揃って手を上げる。

「音楽は、私達に任せてね」

プリズムリバー三姉妹だった。やはりその手にはそれぞれの楽器。

「緊迫したシリアスシーンでも……」

と、ルナサ。

「明るいコメディパートでも……」

と、メルラン。

「もちろん、神秘的で幻想的なカットのBGMだって……」

と、リリカ。

「全部我らにお任せ!!」

再び三人揃ってそう言い放ち、ぺこりと一礼。
呆気に取られる間も無く、今度はその横でレミリア・スカーレットが話し始める。

「私達からは、紅魔館をロケ地として提供するわ。それと、小道具の製作も」

「小道具も、ですか?」

大妖精が尋ねると、レミリアは頷く。

「ウチは意外と手先が器用なのが多いのよ。メイドが沢山いるから人海戦術も出来るし、それに……」

「それに?」

「いざとなったら、咲夜が時間を止めて、その間に作っちゃうから」

「な、なるほど……」

納得した様子の大妖精を見て満足そうなレミリア。次に発言をしたのは、守矢神社からやって来た東風谷早苗。

「私からも、神社をロケ地として提供します。聞いた話だと、神社が結構重要だとか」

その言葉に大妖精が頷く。と、早苗は声を潜めて言った。

「あの、それで……もし宜しければ、私も、その……映画に……」

と、彼女がそこまで言いかけたその時。

「こぉ〜らぁ〜……」

「きゃっ!?」

低い声と共に彼女の背後からぬ〜、と現れたのは、八坂神奈子&洩矢諏訪子のW神様コンビ。

「お二人とも、いつの間に……?」

全く気付いていなかったらしい早苗はあたふた。

「早苗ったら、一人で抜け駆けして映画に出ようだなんて!」

頬を膨らませる諏訪子を、まあまあと宥める神奈子。そして、大妖精に向き直る。

「ま、いいじゃないか。……でさ、もし早苗を出すなら私達もセットで宜しくね」

「は、はあ……」

若干呆気に取られながらも頷く。

「それから、今ここにはいないけど、魔理沙とアリスも小道具関連でいくらでも手伝うって言ってたわよ」

霊夢がそう言って、集まった一同を見渡してからチルノに向き直った。
音、フィルム、小道具、ロケ地―――チルノ達を取り巻いていた数々の問題が、一気に解決してしまった。
展開が速すぎてついていけてなかったチルノだったが、ようやく状況を認識した。


―――こんなにも沢山の人が、自分の映画に協力してくれると言っている。
この人達と、昨日までのみんなとなら―――もしかしたら、この映画を完成させられるかもしれない。
自分が抱いた、ムービースターへの夢。一度は無理だと思ったけど、ひょっとしたら―――


―――止まった筈の涙が、再び流れ出す。
もう、悩みも迷いも無い。これだけ多くのバックアップがついている。みんな、みんな、チルノの味方。
また映画を撮れる。頑張れる。ムービースターになれる―――かはわからないけど。
嬉しさと、興奮と、抑えきれない衝動。感謝。様々な気持ちがない交ぜになって胸が一杯のチルノは、ただ、小さく呟いた。

 

「……ありがとう……」

 

それを聞いた霊夢は、ポン、とチルノの頭に手を乗せて―――笑った。

「お礼なら、映画が成功してから改めて……ね」

 


―――博麗神社の祭りまで、あと二ヶ月。

その日の午後から早速、改めて映画撮影の準備にかかる新生・撮影班。

「そうそう、脚本見せてくれる?」

霊夢に言われるまま、チルノは脚本を差し出す。
それをパラパラとめくり、一通り目を通した霊夢はそれをチルノに返しながら、

「うん、王道ではあるけどストーリーは面白いわね。これなら大筋に手を加える必要は無い、か……」

そう言って、思案。
話し合いの結果、監督は霊夢が担当する事になった。博麗神社からの出し物であるという意味合いも含んでいるようだ。
その他、カメラマンは従来通り大妖精と、紹介の場にはいなかったが職業の関係から射命丸文が交代で務める事に。
文曰く『バッチリ撮りますけど、フィルムはうちが作ったのを使って下さいね。あと、広告も入れてくれると嬉しいんですけど……』だそうだ。
なお、映画の宣伝も彼女の担当だ。新聞等のメディアを利用してバラ撒くらしい。

「それじゃ、小道具作ってくるから」

脚本から必要な小道具のチェックをしていた大妖精からリストを受け取り、紅魔館へと一旦帰るレミリア。手伝いの魔理沙とアリスもついて行く。
それを見送ったチルノの肩を、誰かがチョンチョンとつつく。

「ねぇ、BGMの打ち合わせしよ〜よ」

振り向けばそれはリリカで、姉二人も興奮気味にうんうんと頷いている。演奏したくてたまらないらしい。

「そうね、脚本を作った本人が一番BGMの設定もしやすいだろうし……」

霊夢がそう呟くと、チルノも頷いた。

「う、うん。じゃ、ちょっと行ってくるね」

三姉妹を連れて部屋を出て行くチルノ。録音機材を持ったにとりもそれにくっついて行った。

「じゃ、残りは撮影しましょうか。このメンバーだけで出来る部分だけでもね……あ、そうそう」

思い出したように、霊夢は傍にいた大妖精を手招き。

「悪いけど、旧撮影班の残りを呼んで来てくれるかしら。あいつらもいなきゃ撮影は出来ないわ」

既に出演者としてある程度役割が決まっているルーミア達。彼女達も勿論、この映画に欠かすことの出来ない人材だ。
慌てて呼びに向かう彼女の背中に『神社の前で待ってるからね〜』と声を掛け、霊夢と残りのメンバーは外へ出た。

―――それから、数日後。

 

「あたいに任せて!雪符『ダイヤモンドブリザード』!!」

チルノから放たれる、多量の氷の弾幕。
放たれた弾幕は、チルノ達の行く手を阻むように浮遊する人形達へ向けられたものだ。
正面から弾幕を受け、ポトポトと落ちていき、動かなくなる人形達。
全て撃ち落したのを確認し、チルノが息をつく。

「ふぅ。これってもしかして奴らの手先?」

「そう考えるべきだろうね。となると、奴らには既にこっちの動向がバレてると見ていいね……」

チルノの後ろにいたリグルが頷き、その横のミスティアが慌てた口ぶりで言った。

「じゃ、早く行動を起こさないと。後手に回ったら不利だよ」

「そうだね、急ごう!」

その言葉に頷き、走り出すチルノ。それを追う二人。
やがて、走る三人の姿が木々に隠れて見えなくなった。

 


「カット!」

霊夢の声が響き、走り去ったばかりの三人が戻って来た。

「うん、今のでいいわね」

「よっしゃ!」

頷く霊夢とガッツポーズのチルノ。
外野にいたアリスが指をパチン!と鳴らすと、撃ち落された人形達が一斉に起き上がり、彼女の元へ集結した。

「じゃ、すぐに録音やるわよ。OKシーンの感覚を忘れない内に」

「は〜い」

再び撮影開始の位置に戻る三人。
今度はカメラは回さず、その代わりに録音機材を持ったにとりが三人の傍へ。
カメラだけでは録音は出来ないが、後から録音した物を足す事は出来る。
よって先に映像だけを撮り、OKが出たら同じ演技を即座にもう一度。そこで台詞や効果音を録音するという方式がとられた。
実際の音を使用するので後から音作りに苦心しなくていい上、何より臨場感があるという利点がある一方で、出演者に映像と同期させる為の正確な演技が求められる。
今回の撮影でのNGカットの大半はこの『録音パート』で出ているものだ。それだけ難しい方式なのだが、チルノ達は少しでも映画を盛り上げる為にこの方式を希望した。
録音時は霊夢がしっかり観察している他、秒単位で演技のタイミングを記録し、ズレが無いかを確認している。計時係は咲夜。

「それじゃ、シーン42、録音パート開始します。5、4、3、2、1……」

0カウントの代わりに、にとりが録音機材のスイッチを入れる。

 


即座に走り出す三人と、レコーダー及び集音マイクを抱えてそれを追うにとり。

「妖怪の山はこっちでいいの?」

走りながら尋ねるミスティア。

「うん、間違いないよ!」

答えるチルノ。と、その時。
突如として彼女達の前に出現・展開する人形の集団。

「うわっ!」

思わず驚きの声を上げるチルノ。

 


「カット!」

霊夢の一声で、録音作業は中断された。

「アリス、人形の展開が少し早いわよ。もうワンテンポ遅いと丁度いいと思うの」

「了解、ごめんなさいね」

ぺこりと頭を下げるアリス。
霊夢が目配せすると、表に目を落とした咲夜も頷く。霊夢の指摘は正しかったようだ。

「じゃ、もう一回!」

監督の指示で、再び定位置に戻る出演者達。アリスも人形を集める。

「はいよ、こっちも準備完了」

にとりが手を上げ、三人の傍へ。
それを確認した霊夢がメガホンを手に取る。

「シーン42、録音パートテイク2開始します。5、4、3、2、1……」

カウントダウンの後、にとりが録音を開始。
それに合わせて、三人は再び走り出す。

 


その後も数回のNGを出しつつ、どうにかこのシーンの録音は完了した。
しっかりと録音したテープにシーン番号を書き、保管。映像との同期は最後の仕事だ。
こうして、映画は作られてゆく。

さらに月日は流れ、撮影も後半に突入したある日。

「はい、じゃー今日はここまで。お疲れ様でした」

「おつかれ〜」

時刻は夕刻。この日の撮影が丁度終了した所で、霊夢がチルノに尋ねた。

「じゃ、明日からは守矢神社で撮影する事になるけど、それでいい?」

「うん、お願い」

チルノが頷くと、霊夢はそのまま片づけを手伝っていた早苗に声を掛ける。

「というわけで、明日からロケさせてもらうけど、宜しくね」

「はい、わかりました」

足元のコードをくるくると巻き取りながら答える早苗。
と、ここで、その横でやはり手伝いをしていた神奈子がチルノに尋ねた。

「そういえば、ウチの神社はどんな役どころなんだい?」

う、と呟くチルノ。『悪役です』なんてあっさり言う事は出来ない。
でも本人達は関わってないんだし、と思い、

「ちょっと言い辛いんだけど……」

と前置きして台本を渡す。
神奈子が受け取り、それをパラパラめくりながら早苗と、気付いて寄ってきた諏訪子の三人で見る。
暫くの間ページをめくる音だけが響いていたが、不意に、

「あっはっはっは!!」
 
大声で神奈子が笑い出したので驚くチルノ。
すると彼女はチルノの頭をわしわしと撫でながら、

「な〜に気ぃ使ってんだって。むしろ、この悪役私がやるよ!!」

そう言って再び高笑い。

「え、でも……」

チルノはまだ戸惑っている様子だったが、

「な〜に言ってんの。風評被害が怖くて神様が務まるかってんだ!!」

神奈子はポンポンとチルノの頭を軽く叩きながら、なおも笑っていた。豪快な神様である。
すると早苗も頷き、

「あ、あの、私も同じ役でいいので出演させて頂けますか?」

なんて尋ねる始末。霊夢も予想外の発言に驚きを隠せない。
しかし神奈子はますます上機嫌。

「いいねいいね!まるで悪の大王とその参謀みたいじゃないか、カッコいいよ!」

笑いながらそう煽るので、一人取り残される形となった諏訪子もチルノに懇願。

「二人だけずるいよ!お願い、私も!」

あそこまで乗り気になってくれてるのを断る道理は無いと思い、チルノは承諾。
諏訪子一人だけ蚊帳の外、というのもあんまりなので彼女も出演してもらう事に。
すると片付け中という事も忘れて三人で大盛り上がり。
遠巻きに見ていた大妖精がそそくさと三人分の台本を取りに行くのを眼の端に捉えつつ、チルノは霊夢の顔を見る。
彼女も黙って苦笑いするばかり。


―――しかし、チルノには分かっていた。
自分の無茶とも思える発案から始まった映画なのに、ここまで出たいと言ってくれている人がいるという、その意味を。
今はまだ口に出すのはちょっと恥ずかしいので、チルノは心の中で三人にそっと『ありがとう』。
当の本人達はそれに気付く由も無く、未だに三人で盛り上がっていたのだが、それはそれでいいのだ。


その日の夜、大妖精宅にて。

「大ちゃん……」

玄関のドアが開き、チルノが顔を覗かせた。

「あっ、いらっしゃいチルノちゃん。上がって上がって」

気付いた大妖精が彼女を招き入れる。

「ごめんね、無理言って」

「いいっていいって。チルノちゃんが頑張ってるんだから、私は応援するよ」

会話を交わしつつ、台本を取り出す二人。
この日、彼女は泊りがけで練習にやって来た。台詞のチェック等をしてくれる相手が欲しいと、大妖精に頼んだらあっさり承諾。
台本をめくり、練習したいシーンを探すチルノに、大妖精は尋ねてみた。

「でも、どうして急に泊りがけで練習したい、なんて?」

するとチルノは小さな声で、

「……みんなが頑張ってるんだもん。主役のあたいは、みんなよりもっと頑張らなきゃ」

そう答え、台本をさらにめくる。
紅魔館組や魔理沙達が作ってくれた小道具を実際に使用したり、この日出演が決まった守矢神社の三人が、台本を貰って早速練習していたのを見る内に、彼女の中に何かが芽生えていた。
それは、『主役としての自覚』。

「みんながいくら頑張ってくれても、あたいが台無しにしちゃったら全部ダメなの。みんなより頑張らなきゃムービースターにはなれないよ」

台本に目を落とすチルノの表情は、この一ヶ月余りで大分変わった。
漠然と撮影を続けていた頃とは違う、『役者』の顔がそこにはあった。
そんな彼女を大妖精は優しく見つめている。

「最初に約束したもんね、『一緒に頑張ろう』って。だから、私も頑張るよ。映画と……チルノちゃんのために」

チルノが語る『夢』を、誰よりも傍で聞いていた彼女だからこその言葉。
彼女の中で、『チルノの夢を叶える』というのは、皆の目標である『映画の完成』と等しい意味を持っていた。
それを聞いたチルノは何だか照れくさくて、一生懸命台本を読むフリをして赤らんだ表情を隠す。

「そ、それよりも早く練習しようよ。じゃあ、まずはここの台詞から……」

火照った顔を冷ましてから、チルノは台本の一ページを示す。
それに頷き、大妖精も同じページを開いた。

「―――神様っていうのは、信仰のお返しに人々に幸せをもたらす存在でなければならないのよ。霊夢が前に言ってた。
 けど、あんた達は……達は……うぅ、なんだっけ」

「えっと、『沢山の人達が不幸な目に遭い、悲しい思いをしているのに何とも思わないの?』だよ。その後も大分続くけど」

大妖精の言葉を聞き、困った表情のチルノ。今練習しているのは映画のクライマックス、最後の悪役との対峙シーンにおける台詞だ。
これが作中で最高の長台詞で、覚えるだけでも一苦労。

「う〜、難しいなぁ」

そう言いながらも、ぶつぶつと小さな声でひたすら台詞を復唱し、必死に覚えようとするチルノ。
大妖精は壁にかけられた時計を見やる。短針は既に二時へ迫りつつある。

「チルノちゃん、今日はこの辺にしてもう寝たら?」

大妖精は彼女の体を気遣って、眠る事を勧めた。明日も撮影がある。
だがチルノは首を横に振る。

「ううん、せめて一回だけでもこれを言えてから。今から覚えとかなきゃ絶対に忘れちゃうよ」

あくまで練習続行の意思を見せるチルノに、大妖精も頷く。何よりも彼女のやる気を尊重したかった。

「じゃあ、もっかいこのシーンの始めからやってみる?相手方の台詞はまた私がやるよ」

「うん、お願い」

チルノは台本をその場に伏せて置いた。再び向かい合って、まずは大妖精が台詞を読み上げる。自分の役では無いが、出来るだけ情感を込めて。

「はっはっは、ついに追い詰めたぞ!怪盗チルノの伝説も今日を以ってジ・エンドのようね」

チルノも台詞を思い出し、それを口に出した。脳裏にクライマックスシーンの情景を浮かべ、少しでも役に入り込む。

「その台詞は正直聞き飽きたよ。今まであたいを追いかけてきた奴らはみんなそう言って、結局その通りになった試しはないわ」

「ふん、その減らず口もいつまで持つかな?あんたは今自分が置かれている状況をイマイチ理解していないようだね」

「そう言うなら、あんただって自分自身の存在意義を理解していないように見えるわよ」

「……何だって?」

「あんたがこれを盗んだ理由は、博麗神社の信仰を奪うため。そして自らが人々に崇められる神となり代わり、人々を意のままに操るため」

「その通りよ。それの何が―――」

「だからだよ。あんたは信仰を得るなんて言ってるけど、それは人々が神様を信頼するから得られるモノなんだ。
 神様っていうのは、信仰のお返しに人々に幸せをもたらす存在でなければならないのよ。霊夢が前に言ってた。
 けど、あんた達は沢山の人達が不幸な目に遭い、悲しい思いをしているのに何とも思わないの?本当に人々の事を考えてると言えてるの?
 あたいはそうは思わない。人の幸せを……えっと……んあ〜っ!また忘れた〜!」

台詞が中断され、頭を抱えるチルノ。
大妖精は台本に書かれたその先を読んでみる。

「えっと、『人の幸せを蔑ろにしてまで手に入れる信仰に意味はあるの?』だよ。その後は……まだ続くなぁ」

「うぅ〜……」

再び失敗し、頭を抱えたままのチルノを、大妖精は必死に励ます。

「でもチルノちゃん、さっきより大分進んだよ?ちょっとずつ覚えられてるんだし、あとちょっと!頑張ろう?」

彼女の呼びかけに、チルノはようやく頭を起こした。

「……うん、もうちょっと頑張ってみる。ごめんね大ちゃん、こんなに遅くまで」

「いいの、気にしないで」

再び黙々と台詞の確認をするチルノを尻目に、大妖精は再び時計を確認する。
いつの間にか、短針は二時を追い抜いていた。

―――翌日。守矢神社へ集合した撮影班は、早速撮影に取り掛かる。
この日より撮影に加わった早苗以下二人は、空き時間にかなりの練習を積んだらしくいきなり中々の演技を見せる。

「カット!うん、上手いじゃない」

早苗のソロシーンを一発で撮り終えた霊夢が賞賛。

「結構練習しましたから……出させてもらってるんですし、皆様の足を引っ張るわけには」

あくまで早苗は謙虚に答える。次のシーン撮影の為、霊夢は台本の確認。

「次はチルノの……あれ、チルノは?」

霊夢がきょろきょろと見渡すと、大妖精が申し訳無さそうに手を上げる。

「あ、あの……チルノちゃんは……」

「?」

霊夢が首を傾げると、大妖精は横を指差す。
そこには、折り畳み椅子に座ったまますやすやと寝息を立てるチルノの姿が。

「昨日、遅くまで起きて練習していたので……その、ごめんなさい」

そう言って頭を下げる大妖精だったが、霊夢はやれやれといった体で苦笑い一つ、そのまま周りに指示を出す。

「ま、少しでも寝かせてあげましょ。先に、チルノが出ないシーンを全部撮るわよ」

返事を返し、それぞれの場所へ動いて準備にかかるメンバー。
小道具をチェックする魔理沙や、録音機材のテープを取り替えるにとり。霊夢もシーンごとの配置表を手に、てきぱきと立ち位置の指示を出す。

「ふふふ……一人でここへ来ようってのかい。面白い、しっかりお出迎えしてあげようじゃないか……」

呟き、ニヤリと意地悪そうな笑みを浮かべる神奈子。
カメラは暫し、彼女の顔をアップ。

「カット!いいわよ、お疲れ様」

「や〜、よかったよかった」

霊夢にOKのサインを貰い、思いっきり伸びをする神奈子。

「凄いねぇ、悪役っぷりが板についてるよ〜。まさに悪の女帝って感じかな」

「うっさいわね」

彼女は、寄ってきて茶化す諏訪子にデコピンしようとして寸前で逃げられてしまう。

「はいはい、お二人とも本当に仲がいいですねぇ」

やんわりと仲裁に入る早苗。流石に彼女は慣れっこだ。
そんな三人の様子を眺めながら、霊夢は未だ眠り姫のチルノに近付く。大妖精が慌ててチルノを起こそうとしたが、霊夢はそれを止めた。
首を傾げる大妖精。すると霊夢は、チルノが座る椅子の足をコンコン、と軽く蹴った。
その瞬間、チルノはビクリと体を竦ませたかと思うと、

「ふにゃ!?あっ、わっ」

慌てて跳ね起きる。眠りに落ちてしまう前は眠らないようにと神経を集中させていたので、起きるのも早かったようだ。
撮影中に眠ってしまったという自覚はあったらしく、ばつが悪そうにきょろきょろと辺りを見渡す彼女に霊夢が後ろから声をかけた。

「あら、丁度良かった。これからあんたのシーンを撮影する所だったのよ。
 自分のシーン前にちゃんと起きるなんて、あんたも役者として成長したんじゃない?」

そう言ってチルノの頭をメガホンでポン、と軽く叩き、

「じゃ、我らが主役が目覚めた所で、撮影の続きをやりましょーか!」


一同に向かって声を張る。


「おおー!!」

すぐさまノリの良い返事を返す一同。ポカンとする大妖精に、霊夢はこっそりウィンク一つ。
当のチルノは、最初に厳しい言葉を掛けてきた霊夢に『役者』として認められた事や『主役』と言って貰えた事が嬉しかったのか、椅子から飛び降りるなり、

「よっしゃー!!気合いれてこー!」

両手を天高く突き上げて気合の叫び。
大妖精は少し離れた所から、意気込むチルノと指示を出す霊夢を何度か見比べ、クスッと笑う。
こうして、今日も撮影は順調に進んでいった。

・ 

人数が数倍に増えた事と、出演者のモチベーションが非常に高いお陰で、滞りなく撮影は進んでいく。
歩き続ければいつかは目的地にたどり着く。それは映画撮影とて例外では無い。

「シーン150!これで最後なんだから、ばっちり一発で決めてよね?」

メガホン越しに声を張る霊夢に、右腕を掲げて応えるチルノ。
場所は博麗神社。祭りが近いので、そのセットをそのまま使用しての撮影だ。
監督からの指示もこれで最後かと思うと、顔は笑っていても彼女の胸中を一抹の寂しさが過ぎる。

「撮影開始します。5,4,3,2,1……」

カウントダウンする霊夢の声も、どことなく緊張しているように感じられた。

 

エキストラの人々でごった返す祭り会場をちらりと見て、満足そうに頷くチルノ。その顔はとても晴れやかだ。
それからチルノは会場に背を向け、歩き出す。彼女の向かう方角の地平線には、真っ赤な夕日。
煌々と照らし出されるチルノの後ろ姿。彼女はそのまま、夕日へと向かって歩いていく。
やがて、彼女の背中が大分小さくなり―――

 

「カット!OK!!」

霊夢はそう言うなり、椅子から飛び降りた。
それを聞いたチルノも踵を返して走る。
ついに、全てのシーンの撮影が終了した。

「やった、全部終わった!!」

「撮影終了!!お疲れ〜!!」

「おめでとう!!」

拍手だったり、ハイタッチだったり、抱き合ったり。表現方法はそれぞれだが、クランクアップの喜びを分かち合う撮影メンバー。
だが、喜びを爆発させるメンバーの中で、最も喜んでいる筈のチルノは呆然としていた。
映画撮影を決意してから二ヶ月近く。あまりに色々な事があり過ぎて、まだ気持ちの整理が追いつかない。
そんな彼女の背中を、魔理沙が後ろから近付いてバシン!と思いっきり叩く。

「な〜に機能停止してんだ!お前が主役の映画が完成するんだ、もっと喜べって!!」

急に背中を叩かれて咳き込んだチルノだったが、それを皮切りにして次々とメンバーが彼女を取り囲む。

「まったく、映画を見たことすら殆ど無いのに撮影なんて無茶にも程があるわよ!!」

「そうそう、しかも主役・脚本があなたなんて想像も付かないし!」

「何やたらいい脚本書いてんだい、ちょっと感動したじゃないか!」

「クライマックスシーンで不覚にも心が震えたぞどうしてくれる!!」

口々に言いながら叩いたり蹴ったりの手荒い祝福。少し痛そうながらも、徐々に現状を認識し始めたチルノ。
総勢十数名のメンバーが彼女を祝福していたが、いつしかそれは胴上げへと移行していた。

「よく頑張ったなこの!!」

「もっと高く、もっと!」

「チルノ万歳だ!」

二度、三度と宙を舞う内に、チルノの胸の中に様々な想いが去来していく。
ムービースターに憧れて。戸惑いながら撮影を開始して。一度は挫折して。
それでもみんなのお陰で立ち直って。来る日も来る日も練習して―――ついに、それらが実を結ぶ。
チルノは思わず叫んだ。

「ありがとう!!みんな、ありがとう!!」

笑顔のチルノを尚も胴上げしながら、メンバーはやはり口々に言う。

「おう、感謝しやがれ!!」

「面白くなかったら承知しないからね!!」

「たっぷり宣伝してあげるから覚悟しなさい!」

大盛り上がりの撮影班は、いつの間にか祭りの準備をしていた人達に取り囲まれていた。
エキストラ出演も兼ねていた人々の温かい拍手に包まれながら、夕焼け空の下、胴上げはもう暫く続くのだった。

フィルムの編集や現像及び音合わせ、そしてBGMの挿入等は専らにとりと文の仕事だった。
にとり曰く、

「映画の主役はチルノだけど、こっからの主役は私だからね」

との事。現像に関しては、カメラマンでその手の知識も豊富な文が手伝い、どうにか完了。
フィルムの編集までは立ち会ったチルノと霊夢だったが、そこから先はにとりに止められた。

「完成して、いざ上映までお楽しみはとっておいたらどうだい?」

「大丈夫です、失敗してないかだけは確認しますから」

二人にそう言われ、チルノ達はそこから先の作業を二人に一任。普通に祭りの準備に取り掛かった。
宣伝は文の作ったチラシや、妹紅&慧音の伝の効果もあったが、何よりもラストシーンの撮影が人目に触れた事で十分過ぎる程であった。
それから当日までの数日間、チルノは興奮と緊張で殆ど眠ることが出来ずに過ごした。
明けても暮れても、誰と話しても映画の事が話題に上り、気になってしょうがない。

「あんなに頑張ったんだから大丈夫だよ」

大妖精から励ましを受けるも、どうにも不安の色が拭えない。


―――そして、博麗神社の祭り当日がやって来た。


高鳴る胸を必死に押さえつけ、いつものメンバーで博麗神社を訪れたチルノ。
日が長いとは言え夕日ももうすぐ沈もうかという時刻、博麗神社は早くも多くの人と妖怪でごった返していた。
そこここに屋台や出店が立ち並び、人々の表情は一様に明るい。

「うわぁ、凄い人手だね」

「ステージはもうちょっと奥だっけ?」

会話を交わしながら、特設ステージを目指して人の波を掻き分ける一同。
と、誰かがチルノの手をガシッと掴んだ。一瞬驚いたチルノだったが、

「ほら、こっちよ。主役に迷子になられたら困るんだから」

聞き慣れた声で話しかけられて安堵。霊夢だった。

「だって、人が多すぎるんだもん」

「当たり前よ、てかそれくらい来てもらわないと上映しがいが無いじゃない」

「そーなのかー」

話しながらも手を引かれ、霊夢を含めた一同は特設ステージへ。
そこには既に彼女達以外の撮影班が待っていた。

「おっ、主役のお出ましか」

「やめてよ、恥ずかしいって……」

笑いながらの魔理沙の言葉に顔を赤くするチルノ。
その横で映写機の位置を調整していたにとりは、チルノに気付くと、

「楽しみだねぇ。あ、現像や音合わせはちゃんと成功したからご心配無く」

そう言って再び調製に戻る。上映が終わるまでが自分の仕事、と思っているらしく、彼女の表情は真剣だ。
ステージの壁には既にスクリーンが張られ、早くも物珍しそうに眺める子供達もいる。
時間になったらアナウンスを入れ、照明を落とせば野外劇場の完成、という寸法だ。

「ま、上映時間までもう少しある。こっちは私に任せて、祭りを楽しんできな」

にとりに言われ、撮影班はにとりと数人を残して会場へ散っていった。

やがて日は落ち、落ちてきそうなほどの満天の夜空。
早くも大量に酒を飲み、酔って大騒ぎする萃香を霊夢が止めに走ったりと色々あったが、祭りそのものは特に問題も無く。
そしてついに、チルノ達が作った映画の上映時刻数分前。

「……うわぁ……」

大妖精と共に会場へ戻って来たチルノは、それしか言えなかった。
特設ステージを埋め尽くし、それでも収まりきらない程の観客。
事前の宣伝効果も去る事ながら、映画を見たことの無い人が殆どという事もあり、物珍しさで見に来る人も合わせて予想以上の観客数。
呆然と立ち尽くすチルノの肩を誰かがポン、と叩いた。チルノが振り返るとそれは慧音で、

「寺子屋の子供達にもバッチリ宣伝してきたぞ。映画なんて見たこと無いだろうし、皆興味津々だったな」

そう言ってははは、と笑う。見れば、彼女の計らいか確かに最前列は皆子供だ。
初めて見る『映画』に思いを馳せ、今か今かと上映開始を待っている。
チルノはと言うと、予想を遥かに上回る観客の数と、いよいよ自らの努力の結晶がここで公開されるという事実に緊張の色を隠せない。
と、そんな彼女に声が掛かる。

「二人とも、こっちこっち!」

見やれば、会場から少し離れた場所で霊夢が手招き。観客達の後ろからでも見やすい位置をキープしている。
その横にはルーミア達”旧撮影班”の一同。チルノと大妖精もその横へ。

「こっからならよく見えるよ」

言いながら、持っていた綿菓子でスクリーンを指し示すルーミア。確かにスクリーンがよく見える位置だ。
他の撮影メンバーも皆、各々位置は違えど、観客席より後ろから映画の上映を待っている。
その時、設置されたスピーカーからマイクを通したアナウンスが響いた。

「え〜、本日はお集まり頂きまして、誠にありがとうございます!間も無く上映を開始致しま〜す!」

アナウンスの主はリリカ。彼女は特設会場の隣のスペースで、先程まで姉妹揃って演奏していたのでそのままアナウンサー。客引きの意図もあったらしい。
彼女はマイクを戻すと、観客席を迂回するようにして、既に見やすい位置をキープしていたルナサ、メルランの所へ。
彼女が姉妹の所へ戻ったのとほぼ同時にブザーが鳴り響き、照明がゆっくり落とされる。

「いよいよだね」

大妖精が隣のチルノに話しかけると、

「う、うん」

暗くてよく見えないが、きっと緊張の表情を浮かべているであろうチルノが答える。
照明が落ち切る辺りで、待っていましたとばかりに観客達は拍手。
その拍手が止むと、映写機の横にスタンバイしていたにとりが、機械のスイッチを入れる。
やがてスクリーンに光が投影され始めると、チルノの緊張も最高潮に達する。
どくん、どくんと自らの心臓の鼓動が聴こえるくらいだ。
あまりにたくさんの事があった映画撮影。その集大成が今から、あのスクリーンに映し出されるのだ。
やがて、スクリーン上に数字が映し出され、どんどんその数値が減っていく。カウントダウン。

「5……4……3……2……」

今にも倒れてしまいそうな程の緊張の中、カウントは減っていき―――

「……1」

―――その瞬間。

 


『この映画は、ご覧のスポンサーの提供でお送りしま〜す!!』

 


突如会場に響いた間の抜けたアナウンスに、会場から爆笑が起こる。チルノも思わずその場でずっこけそうになり、何とか体勢を立て直した。
スクリーンにはでかでかと、

『最新のニュースを、風よりも速く貴方へお届け! 文々。新聞』

『お値段以上の働きをお約束します! カワシロ工業』

のテロップが踊り、その下の方に小さく『博麗神社』『守矢神社』『紅魔館』などのテロップ。
今度のアナウンスの主は文だった。

「い、いつの間に……」

「編集作業の時に仕込んだのね。まったく、商魂たくましいわ」

驚くチルノと、苦笑する霊夢。
しかし、このコマーシャルフィルムのお陰で、チルノの緊張は大分解れたようであった。
再びカウントダウンの始まったスクリーンを見つめるチルノの表情も大分和らいでいる。

 

―――そして、映画が始まった。

 

----------------


「待てー!!」

「逃げたぞ、あっちだ!」

「怪盗チルノが現れたぞ!!」

口々に言いながら、十人単位の集団が夜の森を走る。
先頭を走るのは魔理沙で、彼女達は何かを追っているようだ。
やがて魔理沙は、走る先に見えた人影に向かって叫ぶ。

「見つけたぞ、泥棒め!本返せ!」

しかし、人影―――チルノは走るのを止めず言い返す。
暗くて分かり辛いが、彼女は数冊の分厚い本を抱えていた。

「泥棒はそっちでしょーが!借りたら返す、これ常識!」

そのまま魔理沙集団とチルノの追いかけっこが暫く続き、やがて森の終わりが見えてきた。
すると、走り続けていたチルノは急に振り返ると、握りこぶしを作って構えを取る。

「しつこいよ!氷符『アイシクルフォール』!!」

彼女が叫びと共に手を突き出すなり、いくつもの鋭い氷柱や氷片が拡散して魔理沙達に襲い掛かる。

「うわー!」

喰らって数人が吹っ飛び、魔理沙を始めとした残りの集団も怯み、立ち止まった。
その一瞬の隙を突き、チルノは木の切れ目から濃紺の夜空へ舞い上がった。

「借りたものはちゃんと返しなさいよね!!」

飛翔しながらチルノ。
氷のように透き通った羽を煌かせ、チルノの姿は夜空に溶け込んで見えなくなった。
彼女が飛び去った星空を見上げ、魔理沙は悔しそうに地団太を踏む。

「ちくしょう、また怪盗チルノにやられた!覚えてろー!!」

いかにも悪役な魔理沙の嘆きは、真っ暗な森に吸い込まれて消えた。

 

―――場面は変わり、翌朝の紅魔館。
その館内の廊下を走る、慌てた様子の美鈴。
彼女はやがて図書館のドア前まで来ると、辿り着いた勢いのまま図書館のドアを開けた。

「パ、パチュリー様!大変です!」

慌てた声を聞きつけたパチュリーは、読んでいた本から顔を上げる。

「どうしたの、そんなに慌てて」

彼女は尋ねたが、当の美鈴はどう説明したらいいか分からないと言った体で暫くあたふたしていたが、

「と、とにかく来て下さい!外です!」

そう言って再び図書館を飛び出す。
首を傾げながらも、パチュリーは腰を上げる。
美鈴を追いかけて紅魔館の外へ出ると、パチュリーは美鈴がある物を抱えている事に気付くと、驚いて目を見開いた。

「そ、それ……」

「は、はい……これ、パチュリー様の本ですよね?全部」

彼女が持っていたのは、以前魔理沙に盗まれた筈の魔道書だった。
美鈴が差し出した本を重そうに受け取り、その表紙を撫でながらパチュリーは呟く。

「もう戻ってこないと思ってたのにね……ひょっとして、あなたが?」

しかし、美鈴は首を横に振る。

「そ、それが……置いてあったんです。門の前に、今朝」

「置いてあった?」

意外な事実に、思わずパチュリーは聞き返す。だが、美鈴が嘘をついているようには見えない。

「そうなんです。多分、どなたかが本を取り返して、こっそり置いておいて下さったのではないかと……」

美鈴も首を傾げる。
パチュリーは少し考えていたが、やがて笑顔に。

「不思議な事もあるものね……ま、いいわ。せっかく本が帰ってきたんだし、今日はこれを読みましょ」

「良かったですね、パチュリー様!」

笑い合いながら館内へ戻っていく二人。
その様子を、少し離れた木陰から見守る人物が居た。チルノである。
彼女は嬉しそうな二人の様子を見て、満足そうに頷いた。
本を取り返してそっと置いといたのは勿論彼女の仕業である。
それから彼女は地を蹴ると、眩しい朝日を浴びながら大空へと飛翔。やがてチルノの姿はどんどん小さくなる。
そして、彼女の姿が殆ど見えなくなった青空をバックにタイトルロゴが現れた。

映画のタイトルは、『おてんば怪盗の冒険』。


-----------------


「私の演技も中々だろ?」

タイトルの現れたスクリーンを見ながら、隣の霊夢に話しかける魔理沙。

「ええ、確かに。いかにもセコい悪役って感じで」

ニヤニヤと笑う霊夢。

「うっさいな、つか私をこの役に抜擢したのお前だろ!」

そう言って魔理沙は霊夢を小突こうとしたが、霊夢はそれを背を逸らして華麗に回避。

「だってピッタリじゃない、ノンフィクションでしょ?」

「うるせーやい!!」

二人はそのままじゃれ合うような小競り合い。
一方で、映画が始まった時から驚きの余りぼんやりとスクリーンを眺めるばかりだったチルノ。
彼女はここでようやく『自分がスクリーンの中で主役として活躍している』という事実を認識し、

「見た、見た!?大ちゃん!あたいが主役やってるよ!ねえ、ねえ!!」

興奮して隣の大妖精を揺さぶる。

「あわわわ……見てる、見てるよ!!だから落ち着いてってば!」

いきなりシェイキングされた大妖精は、目をくるくる回しながらも何とか彼女を落ち着かせる。
ようやく落ち着いた彼女を前に、大妖精はニッコリ笑顔。

「撮ってる時はまだ信じられなかったけど、本当に映画になったんだね……チルノちゃん、凄くカッコいいよ」

褒められたチルノは嬉しいやら恥ずかしいやらで顔を赤くして俯くばかり。
二人の会話を聞いたリグル達が『よっ、主人公!』『鮮やかだね!』『この千両役者!』などと援護射撃するので尚更だ。
彼女が再び顔を上げた時、映画は既に次のシーンへと移り変わっていた。

----------------


映画の中では、チルノが怪盗をやっているという事実は公にはなっていない。
それを知るのは、特に親しい大妖精やルーミア、それにリグルとミスティアだけである。
魔理沙の元から本を取り返して数週間後。
何気なしに博麗神社を訪れたチルノは霊夢から、何者かによって神社の御神体が盗まれたと聞く。

「御神体って、あの霊夢の木像?」

「そうよ。私のファンかしら……じゃなくて、神社の御神体が無くなったなんて、博麗神社存続の危機よ!どうしよう……」

うろたえる霊夢を無言で見つめ、チルノは何事か考えている様子だった。
その後、神社を後にしたチルノは情報を得る為にあちこちへ聞き込みに出かける。勿論、御神体を取り戻す為だ。
その時はあまり事態を深刻には考えていなかったチルノ。
だがその数日後から、一番最初に撮影したシーンでもあるルーミアの大怪我を始めとして、次々と『不幸な目に遭った』という報告が届く。
ついには霊夢まで、全く賽銭が入らないと嘆くばかりか、棚から物が落ちてきて直撃したと、頭に包帯を巻く始末。
これはいけないと、チルノは怪我をしたルーミアを除く仲間達を招集。本腰を入れて、調査を開始した―――。


---------------


と、ここまでが前半のあらすじだ。
チルノがふと会場を見渡してみれば、観客達は皆スクリーンに釘付けで物語にのめり込んでいた。
特に最前列の子供達は最早夢中といった感じで、食い入るようにスクリーンを見つめている。
それを見たチルノは、自分が初めて映画を見たあの時の事を思い出した。
あの映画は本当に面白くて、カッコよくて。きっと自分も、あの子達のようにひたすらのめり込んでいたんだろう。
その映画のように、自分達が作った映画が人を楽しませている。チルノは嬉しくて、思わず顔がにやけてしまう。
しかし、物語に遅れないようにとすぐにスクリーンへ視線を戻す。
スクリーンの中のチルノは、本当に『映画の主役』だった。あのムービースターの人と同じように。


---------------


物語は中盤へ突入した。
何かしらの不幸な目に遭った人物や、その人に近しい人物などに聞き込み調査を刊行するチルノ一行。
中々有力な情報は得られないが、聞けば聞くほど御神体が無くなった事による影響であるという確信が強まっていく。
誰もが皆、御神体が盗まれた辺りで被害に遭っているのだった。


--------------


この辺りは聞き込みが中心の、物語の中ではあまり重要ではないシーンかもしれないが、だからこそ出来るお遊びもある。
この周辺シーンは撮影班の中からの出演者も多く、中でも特に目立ったのは妹紅。
人里内の定食屋で輝夜と大食い対決をしている最中にチルノが聞き込みに訪れるという、コメディ要素たっぷりのシーン。
これを見た、妹紅と面識のある人里に住まう人々は笑いを堪えきれない。
子供達も、チルノの質問に答えながらも箸を止めない妹紅と輝夜の様子がおかしいのか大爆笑。
客席の後ろの方で妹紅が『なんでこんな役どころなんだ〜!!』と騒いでいるが、慧音がそれをやんわりと宥めている。
慧音自身も出演しているが、彼女はそのまま寺子屋の先生役。妹紅としては納得がいかないようだ。
最終的には、『目立ったからいいか』との結論に落ち着いたようだが。

「ところで、誰があの霊夢の木像を?」

気になった魔理沙が尋ねてみる。小道具としての完成度は高く、とても精巧な作りだった。
霊夢は肩を竦めてそれに答えた。

「紅魔館のメイド長。ナイフで彫ったんだってさ」

普段とは別なベクトルで冴え渡る、咲夜のナイフ捌き。レミリアが頼りにするわけである。


---------------


シーンとしてはコメディパートだが、この妹紅からチルノ達は有力な手がかりを入手する。
妖怪の山の上に新しく神社が出来た事、その神社があまり信仰が得られなくて困っている事。
そして、その神社には巫女が一人と神様が二人いるという事。
さらに聞き込みを続けた結果、たまたま神社周辺に用事があって出かけた事があるという慧音からさらに情報を入手。
御神体が盗まれた前の日の晩、暗くて顔は見えなかったが、三人組が神社の周辺をうろついていたという。
彼女が帰る際、その三人組と同じと思われる人物達が、何やらふらふらした足取りで神社から出てきたとも。
妹紅からの情報とも合わせて、チルノ達は山の上の神社が怪しいと判断。
その矢先に、山へ向かおうとしたチルノ達に神社からの手先が襲い掛かる。
どうにかこれを退けたチルノ達だったが、これで犯人が守矢神社の一味である事と、こっちが奪還に向かっている事が互いに判明した。
大妖精は残り、人々にあまり外出しない事や、今は博麗神社に近付かない事などを注意喚起しつつ、見張る事に。
後手に回るわけにはいかないと、チルノ、ミスティア、リグルの三人は急いで妖怪の山を目指す。

 


物語はいよいよ緊迫の後半へと突入。
観客も撮影班も皆、目を見開いて二転三転するスクリーンの中の活劇に見入っている。

人形部隊などの様々な妨害を受けつつもそれらをかわし、ついに山の上の神社へ辿り着いた三人。
だが異様に敷地が広く、どこに御神体があるのかが分からない。
しかし、

「御神体みたいに祀る物なら、やっぱ本殿に置くんじゃないかな?」

というミスティアの発言を受けて、本殿への侵入を試みる。
気取られないように神社の周りを観察し、どうにか侵入の糸口を見つけ出そうとする。
やがて、拝殿の裏手にある通風孔を発見。体格が小さい三人なら通れそうだ。
どうにか足場を見つけ、通風孔へ。先頭のチルノが上半身を通風孔へねじ込んだその時―――

「飛んで火に入るなんとやら、ね。こんばんは、怪盗さん」

突如後ろから声をかけられる。チルノを除く二人が振り返ると、そこには不敵に笑う諏訪子の姿があった。

「この辺から入りそうだな〜って待ち構えてたら案の定ね。さ、覚悟して……」

言いかけた諏訪子だったが、その足元で突如、弾幕が炸裂した。

「わっと!!」

慌てて飛び退く諏訪子。その弾幕を放ったのはリグルだった。

「二人とも、ここは私に任せて早く中へ!!」

見れば、チルノは既に中への進入を果たし、ミスティアも上半身を通風孔へ押し込んでいる。

「させるか!」

諏訪子が通風孔へ近付こうとするが、リグルが立ち塞がる。

「こっちの台詞だよ!」

そうこうしている内に、ミスティアの姿も通風孔の中へ消えた。

「二人とも、ちゃんとやってね……」

独り言のようにそっと呟くと、リグルは改めて諏訪子へ向き直る。

「二人の邪魔はさせないよ」

諏訪子も追跡を諦め、その手の中に弾幕を溜め始める。

「おっと、一妖怪が神様である私に楯突く気かい?」

「そんなの、やってみなくちゃ分からないさ!」

じりじりと距離を狭める二人。
そして、ずっと吹いていた風が止み、木のざわめきが聴こえなくなった瞬間―――

「うおおおっ!!」

「とりゃあっ!!」

気合の叫びと共に始まる、弾幕の応酬。
ぶつかり合う弾幕が激しくスパークし、夜中だというのに辺りを昼間のように明るく照らした。

 

「リグル、無事でね……」

呟いて、チルノはさらに通風孔の奥へ。ミスティアもそれに続く。
どうにか守矢神社内への侵入を果たした二人は、拝殿を通り、本殿を目指す。
途中には様々なトラップが仕掛けられていたが、それらを何とか看破しつつ奥へ向かう。
ついに本殿の中心部へと辿り着いた二人は、足音を忍ばせつつ様子を伺った。
だが、御神体の置かれている神棚の前には、見張りなのか早苗の姿があり、このままでは奪還は出来ない。

「私が引き付けるから、その隙に」

ミスティアはそう言うとチルノの返事も聞かずに隠れていた場所から飛び出し、早苗の前に躍り出た。

「あっ!」

早苗が気付いたのを確認すると、ミスティアは背を向けて逃げ出す。

「待ちなさい!」

慌てて追いかける早苗。これで、御神体の見張りはいなくなった。
チルノはミスティアの心配をしつつも、まずは御神体を奪還するべきと考えてそっと神棚へ近付く。
手を伸ばして御神体に触れようとしたその瞬間―――


バシッ!!


「うわぁっ!?」

突如チルノの手と御神体の間で雷光が弾けた。何かトラップの類だろうか。
しかし、その正体は詮索するまでも無かった。

「ふっふっふ、こんな夜中にお参りかい?」

本殿の入り口から声。チルノが振り返ると、そこには多数の人形を従えた黒幕・神奈子の姿があった。
冷や汗をかきながらも、チルノは口を開いた。

「まさか。泥棒する神様を信仰する気にはなれないよ」

そう言って神奈子に向き直る。

「そうそう、今のはただの電撃じゃないよ。ちょっとした魔力を込めてあってね……暫くの間、あんたは飛べなくなった」

ビクリとして、チルノが背中の方を見る。何と、彼女の羽が非常に薄く、殆ど透明になっていた。
その透明になった羽を電撃が這い回り、魔力が効いている事を顕著に物語っている。

「くっ……」

呟き、チルノは軽く後ずさる。やがてその背中に神棚の固い感触が伝わって来た。これ以上は下がれない。

「さぁ。大人しく捕まって、私達の信者にでもなった方が身のためだと思うけど?」

ニヤリと笑う神奈子。しかし、チルノの目的はあくまで『御神体の奪還』。
チルノはニヤリと笑い返し、

「……冗談!凍符『パーフェクトフリーズ』ッ!!」

本殿内のあちこちに絶対零度の弾幕を炸裂させた。
それに神奈子が怯んだ一瞬の隙を突いて御神体を引っ掴むと、弾幕の命中で穴の開いた包囲網から素早く脱出し、外へ出た。

「……っ!やるじゃないのさ!」

神奈子はすぐに、チルノの背中を追い始めた。

一方、拝殿の裏手。

「ぐっ!」

鋭い弾幕がその身を掠り、リグルは小さく唸る。
最初は互角と思われたが、やはり神様が相手では分が悪い。

「ふふふ、どーしたどーした。そろそろ限界かな?」

不敵な笑みを崩さず、にじり寄る諏訪子。彼女はまだ余裕がありそうだ。

「お前さんを倒してから、あの二人もしっかり捕まえてやるから安心しなって」

言いながら、再び弾幕のチャージを始める。明らかに劣勢だった。

(……やるしかない、アレを……)

小さく呟いたかと思うと、リグルは次の瞬間、地を蹴って走り出した。
手の中に弾幕を溜め、諏訪子に肉薄しようとする。
意外な行動に一瞬面食らった諏訪子だったが、すぐに元の笑み。

「接近戦かい?悪いけど、私の弾幕に死角は無いよ!」

そう言って弾幕の発射体勢に。
だが、リグルは溜めた弾幕を諏訪子では無く、足元に叩き付けた。
瞬間、フラッシュバンのような閃光が炸裂し、諏訪子の目を眩ませた。

「うわっ!」

やがて光が消え、元の暗闇へ戻っていく。だが―――

「……ん?どこに行った!?」

リグルの姿が無い。辺りをきょろきょろ見渡す諏訪子。しかし、

「―――必殺ッ!!」

その声は、諏訪子の頭上からだった。リグルは彼女の目が眩んでいる内に壁を蹴り、空中へ跳び上がっていた。

「なっ―――」

突然の事で体が反応出来ず、硬直する諏訪子。その隙をリグルは見逃さなかった。

 

「リグルキィィィィィック!!!」

 

彼女の必殺技―――それは飛び蹴りだった。

「きゃあああ!!」

渾身の飛び蹴りは諏訪子にクリーンヒット、彼女のその小さな体を吹き飛ばした。
着地し、荒い息のままリグルは諏訪子の様子を確認する。

「……あ〜う〜……」

幸い、彼女は気絶していた。
そのままリグルは、気絶した諏訪子を近くの木の根元に寝かせると、すぐに本殿へ向かって走り出した。


--------------


「諏訪子〜、そんなにあっさりやられたらダメじゃない」

緊迫のアクションシーンの後、神奈子はそう言って諏訪子をからかう。

「うるさいなぁ、結構頑張ってるでしょ!」

頬を膨らませる諏訪子と、

「はいはい、映画は静かに楽しく見ましょうね」

やっぱり仲裁に入る早苗。
彼女の言葉では無いが、会場は誰もが映画にのめり込んでいるせいか、映画の効果音やBGM以外は何も聞こえてこない。
先程の飛び蹴りが決まった瞬間は、特に子供達からの『おお〜っ……』という感嘆の声が漏れ聞こえたりはしたが。


その一方で、チルノは緊張していた。この後は、いよいよクライマックスシーン。
大妖精と一緒に必死に練習した長台詞もある。上手く言えているだろうか。
不安そうに大妖精の顔を覗き込むと、彼女は微笑んで、頷く。その笑顔が、何よりもチルノを勇気付ける。
きっと大丈夫だ。


-------------


再び場面はチルノへ。
地理もよく分からないまま、御神体を抱えて逃げ惑うチルノ。
どうにかして山を下る事が出来れば―――そう考えたが、

「……うそ」

彼女が辿り着いたのは、何と切り立った崖の上。崖は非常に高く、その下には逆巻く激流。
慌てて引き返そうとしたが、時既に遅し。

「はっはっは!ついに追い詰めたぞ。怪盗チルノの伝説も、今日を以ってジ・エンドのようね」

高笑いの神奈子と、配下の人形部隊に囲まれていた。後ろは崖、さらに飛ぶ事も出来ない。
完全に退路を断たれたチルノだったが、あくまで強気に、不敵な笑みを浮かべる。

「その台詞は正直聞き飽きたよ。今まであたいを追いかけてきた奴らはみんなそう言って、結局その通りになった試しはないわ」

それを聞いた神奈子も、その発言を鼻で笑う。

「ふん、その減らず口もいつまで持つかな?あんたは今自分が置かれている状況をイマイチ理解していないようだね」

「そう言うなら、あんただって自分自身の存在意義を理解していないように見えるわよ」

その瞬間、神奈子の表情が変わった。

「……何だって?」

チルノは、その手に持った御神体を示しながら言った。

「あんたがこれを盗んだ理由は、博麗神社の信仰を奪うため。そして自らが人々に崇められる神となり代わり、人々を意のままに操るため」

「その通りよ。それの何が―――」

「だからだよ!!」

言いかけた神奈子を無理矢理黙らせ、チルノは目を閉じる。それを再び開いた時のチルノの目は、鋭い眼光を帯びていた。

「あんたは信仰を得るなんて言ってるけど、それは人々が神様を信頼するから得られるモノなんだ。
 神様っていうのは、信仰のお返しに人々に幸せをもたらす存在でなければならないのよ。霊夢が前に言ってた。
 けど、あんた達は沢山の人達が不幸な目に遭い、悲しい思いをしているのに何とも思わないの?本当に人々の事を考えてると言えてるの?
 あたいはそうは思わない。人の幸せを蔑ろにしてまで手に入れる信仰に意味はあるの?それは所詮、自己満足でしかない。
 ましてや、他の神社とその神様にまで迷惑をかけるなんて―――あんたに、神様を名乗る資格は無いよ!
 だから、こんな一妖精なんかに翻弄されて、挙句せっかく盗んだ御神体も持ってかれて。どんな気分?良くはないだろうね。
 信仰をくれるはずの人間や妖怪、そして仲間であるはずの神様を蔑ろにしたあんたは所詮、その程度だったって事なのさ!!」

長台詞を言い切ったチルノ。スクリーンの外側でも、チルノはほっと胸を撫で下ろす。

「うぬぬぬ……生意気な」

ぎりっ、と悔しそうに歯軋りする神奈子。今の言葉は相当堪えたようだ。
そこへ、ミスティアを追った筈の早苗が戻ってくる。

「申し訳ありません、取り逃がしました」

どうやら無事に逃げ延びたようだ。

「いいさ、あれは後で。とりあえず、御神体をどうにかしないと」

その言葉と共に、早苗を加えた包囲網がさらに狭まる。チルノは後ずさろうとして、足を止めた。もう下がれない。
靴の踵から数cm先にはもう地面が無い。

「あれだけ言ったんだ、落とし前はきっちりつけなきゃねぇ」

怒り半分、余裕半分といった表情の神奈子がじりじりと近付く。
と、その時だった。

「チルノ!!」

突如響いた声。見やれば、近くの倉の屋根の上にリグルの姿があった。

「まさか、諏訪子がやられたってのかい!?」

驚く神奈子と早苗。
リグルはしきりに腕を大きく振って合図を送っている。そこから退け、と言っているようにも見えるそのジェスチャーを見て、チルノは頷いた。

「くっ、あいつを捕まえ―――いや、先にこっちだ!」

神奈子が指示を出し、再びチルノを向いたその瞬間―――

 

 

―――チルノは御神体をしっかり抱え、崖からその身を投じた。笑顔のまま。

 

 

「なッ―――!?」

ありえない行動に驚愕の表情を浮かべ、固まる一同。その隙に、リグルは姿を消した。
慌てて崖に寄り、覗き込む神奈子と早苗。
落下していくチルノ。飛ぶ事が出来ないのだから、そのままでは激流に叩きつけられるだけだ。
だが―――チルノの体は、途中で落下を止めた。

 

「おまたせっ!!」

「チルノちゃん、大丈夫!?」

 

何と、崖の間を縫うようにして飛んできたミスティアと大妖精が、チルノの体をしっかりキャッチしたのだ。
一瞬の出来事で、何が何やら分からない神奈子達だったが、チルノと御神体を乗せた二人が飛び去っていくのを見て我に返る。

「い、いかん!すぐに追っ手を―――」

言いかけ、振り返った神奈子は再び硬直する事となる。

 

「そうは問屋が卸さないわよ」

「ま、そういう事ね。ウチの大事な門番も怪我したんだし、責任はきっちりとって貰わなきゃ」

「私も財布を落とした。弁償してくれるんだろうな?」

「私の生徒も教科書を無くしてな……あの悲しそうな顔を見るだけで、私は……」

 

そこには霊夢、レミリア、妹紅、そして慧音の姿があった。四人ともそれぞれスペルや武器を構え、臨戦態勢。

「い、いつの間に……」

再び驚愕の表情を浮かべる神奈子に、霊夢は肩を竦める。

「タレコミがあったのよ。山の上の神社の一味が犯人だって」

「な、な……」

今度は逆に、神奈子達が追い詰められる番だった。

「じゃ、覚悟して貰おうかしら?」

「大丈夫、動けなくするだけだから」

「あと財布分の金額の弁償だな」

「おっと、教科書代もつけてくれ」

 

 

 

その日夜更かししていた人里の住人はこう語った。

―――真夜中に、山の上で大きな花火が炸裂した、と。

―――あれから数日。
博麗神社では、祭りの準備が急ピッチで進んでいた。
あの日の夜の内に、御神体は博麗神社の本殿に戻っていた。
それ以来周辺住民の不幸な出来事もピタリと止み、そのお祝いも兼ねて、本来もう少し先の筈の祭りを前倒しで行う事になった。
この日、博麗神社を訪れたチルノは、まず霊夢に会った。

「あら、チルノ。手伝いに来てくれたの?」

頷きながら、チルノは尋ねてみる。

「御神体、戻ったんだって?」

すると霊夢は嬉しさ半分、不思議半分といった表情を浮かべた。

「そうなのよ。こないだの夜、犯人が分かったから何人かで襲撃をかけたんだけど、既に誰かが持ち去ってたの。
 とりあえず犯人をのして、帰ってきたら本殿にちょこんと御神体が置いてあって……誰が取り返してくれたのかしら。
 巷で噂の怪盗なんちゃらが来てくれたのかしら……なんてね」

やはり、チルノの仕業であるという事実は知らない。そもそも伝えて無いのだが。
怪盗のくだりには一瞬驚いたチルノだったが、彼女は冗談のつもりだったらしい。
しかし、次の発言にチルノはまたも驚かされる事となる。

「それと、『犯人』があっちで手伝ってるけど気にしないでね」

「へぇ……って、えええぇぇぇぇぇ!?」

これにはぶったまげた。よりによって御神体を盗んだ犯人が博麗神社の祭りの手伝いなどとは。
だが、霊夢は苦笑いで事情説明。

「元々は盗む気はなくて、ただウチの神社の信仰の秘訣を知りたくて忍び込んだだけらしいわ。
 で、たまたま見つけた御神体に秘密があるかもと思って手を触れたら、なんか心を支配されちゃったみたい。
 どうやら、博麗の巫女以外があれを持ち出そうとすると妖力が噴出して心を負の方向へ操るんですって。一種の防衛システムね。
 で、元々信仰が欲しかったあいつらは、心が負の方向に動いて、御神体を操られるがままに持ち出しちゃった、と」

「へぇ……」

何だか突拍子も無い話だが、チルノはとりあえず頷く。
慧音が『ふらふらした足取りで神社から出てきた』と言ったのは、あの時点で心を操られていたからなのだろう。

「ま、不法侵入ではあるから軽くお説教したけど、もう大丈夫よ」

そう締め括って、再び霊夢は準備に奔走。
チルノが歩いてくと、そこにはいそいそと準備を手伝う早苗の姿が。

「あっ、こんにちは」

早苗はチルノに気付くと、にこやかに挨拶。
気になったチルノがそれとなく事件当夜の話をしてみると、

「それが……よく覚えてないんです。何日か前に博麗神社に行ったのは覚えているんですが、それからの記憶が……。
 気付いたら何故かぼろぼろで、守矢神社で寝てたんですから」

恥ずかしそうにそう語った。
のされたのは本当らしく、彼女はあちこちに絆創膏を貼っている。
見れば、少し離れた所で手伝いをしている神奈子と諏訪子も、同様に絆創膏が目立つ。

「よくわかりませんが、ご迷惑をおかけしたらしいので……その分しっかりお手伝いします!」

そう言って笑顔の早苗と、神様なのにせっせと働く神奈子&諏訪子を見ていると、チルノも苦笑い。
色々あったけど、責める気にはなれなかった。わざわざ真実を告げる必要もないだろう。

(……あれは、悪い夢だったんだ)

そう思う事にして、チルノも早苗の横で準備を手伝い始めた。

 


それからさらに数日後、博麗神社で祭りが盛大に開かれた。
老若男女人妖入り乱れてのお祭り騒ぎは大盛り上がり。
その騒ぎの中を、チルノは一人で歩いていた。先に来てしまったが、友人達と神社の外で待ち合わせている。
何故先に来たのかって?
それは、祭りを楽しむ皆の表情が、本当に幸せそうだったから。


チルノが御神体を取り戻してくれた事を知る者は、彼女の仲間を除いて誰もいない。
しかし、チルノの心はこの日の空のように晴れやかだった。
彼女はまた、満足げな笑み。そして、神社の出口へ歩き出す。チルノ自身もこれから祭りを楽しむべく、友人達を迎えに行くのだ。
彼女の正面から、大きな夕日がその姿を照らしている。

 

チルノの背中が段々小さくなり―――やがて夕日をバックに、『完』の文字が出現。
それは『映画』という、一時の夢の終わりを告げていた。

 

―――映画は、終わった。
人々は、まるで夢を見ていたかのような錯覚に囚われているに違いない。始めて映画を見たチルノがそうであったように。
この時のチルノ自身もまた、呆然。
しかし、映画のエンドロールが流れ始めた所で一人、また一人と我に返る。
そして、相当数が我に返った所で、小さな会場を大きな拍手が瞬時に埋め尽くした。
洪水の如く溢れる拍手が耳を打ち、チルノは辺りを見渡した。


―――みんな、笑っていた。
大人も、子供も、妖怪も。心の底から楽しんでくれた人だけが見せる、輝く笑顔。
自分が主役で、脚本を書いた映画が、こんなにも多くの人を笑顔にした。感動というより、驚き。
気付けば、チルノのすぐ傍からも拍手が起こっている。それは一緒に映画を作り、見た、仲間達からのもの。
その拍手は映画と、チルノへ向けられている。

じわり、と胸の底が熱くなる。
思わずチルノも立ち上がり、満面の笑顔で、手が腫れんばかりの拍手。
それは、完成した映画と、一緒に頑張ってくれた仲間達へ。
止まない拍手が、チルノを、仲間を、観客を、皆を包み込む。

 

 

―――こうして、チルノの映画撮影は大成功で幕を閉じた。

 

 


―――祭りが終わって、一ヶ月が経った。
抜けるような青空の下、大妖精は飛んでいた。その手に何かを抱えて。
やがて人里が眼下に見え、彼女は高度を落とす。
彼女が目指しているのは、人里の中にある公園。もうすぐそこだ。
やがて見えてきた公園には、二十人近い子供達が集まっている。
と、その内の一人が大妖精に気付く。

「あ、妖精のお姉ちゃんだ!」

その声で皆が気付き、地に降り立った大妖精を瞬時に子供達が取り囲む。

「ねえ、今日のお話は?」

「早く聞かせて!!」

急かす子供達をやんわりと宥めつつ、大妖精は近くにあった小さめの木机を持ってくる。

「大丈夫、ちゃんと持って来たよ。さあ、みんな並んで!」

大妖精はそう言うと、その上に持っていた額縁のような物を立てる。言われるまま、その前に群がる子供達。
彼女が蓋を開くと、そこには一枚の絵が。
青いワンピースの妖精らしき少女が可愛いタッチで描かれており、その上にタイトルらしき文字。


『おてんば怪盗の冒険 〜永遠亭編〜』

 

「さ、今日の怪盗チルノの活躍はどんなかな?始まり始まり〜!」

大妖精の言葉で、子供達から歓声と拍手が巻き起こる。

 


―――そう。怪盗チルノの冒険譚は、紙芝居になったのだ。彼女達の手によって。

 


映画上映が大成功に終わった、その数日後。
ちょっとした用事でチルノが人里を訪れると、慧音とたまたま出会った。
暫しの世間話の後、彼女はこんな事を話し始めた。

「そういえば、先日寺子屋で、子供達の『将来の夢』について考える授業があってな」

頷きながら話を聞くチルノ。

「その時、自分の夢を紙に書いて提出してもらったんだが……殆どの子供が同じような事を書いていたよ」

「どんな?」

尋ねると、慧音はチルノの肩をポン、と叩いて笑った。

 

「―――『怪盗チルノの助手になりたい』だとさ。大人気じゃないか」

 

チルノは驚いた。あの映画が、ここまで子供達の心を掴んでいたとは。
しかし、慧音の話は続く。

「それとな。私もあの映画に出てたもんだから怪盗チルノと知り合いだって思われて、皆もっと話を聞きたい、もっと観たいって大騒ぎでな。
 知り合いは事実だし、その希望は聞いてやりたいが、もう一度映画撮影するのはコストや時間がかかる。どうしたものか……」

そう言って彼女は考え込んでしまった。
慧音と別れてからも、チルノはその事をずっと考えていた。
子供達があの映画を見て、心の底から楽しんでくれた事が分かって本当に嬉しかった。
だからこそ『もっと観たい』という、その子達の希望に応えたい。だが、どうすればいいのか。
また撮影班を呼び集めるのは抵抗があるし、かといって少人数撮影には苦い思い出がある。
考えても解決策が思いつかないチルノは、やはり大妖精のもとを訪れた。

「え、続編?」

チルノを家に招き入れ、話を切り出された大妖精はまず驚いた。

「うん。せっかくみんな楽しんで観てくれたんだから、あたいもその希望に応えたいんだ。だけど、どうすればいいのかな……」

チルノはそう言ってまた悩み始める。
そこで、大妖精はある事を思いついた。

「……ねえ、何も『映画』じゃなくてもいいんだよね?物語の続きが見せられれば」

「え?う、うん……たぶん」

急に訪ねられたチルノは戸惑いながらも頷く。映画以外のメディアなんて何があるのか、とは思ったが。
しかし、大妖精は笑顔で指をパチンと鳴らした。

「だったら、いい方法があるよ!」

―――翌日。チルノの家に、”旧撮影班”が集合した。
大妖精は全員集まった事を確認すると、大量の画用紙を取り出した。

「映画がダメなら、紙芝居にして見せようよ!」

なるほど、とチルノは頷いた。これなら、少人数でも十分製作可能だ。
他のメンバーも賛成し、大妖精はチルノを向いた。

「じゃあチルノちゃん、また脚本考えてくれる?」

こうして、チルノ脚本、その他がイラストという形で”紙芝居製作班”が発足。
初めてだったので戸惑いつつの作業だったが、二週間程で完成。
タイトルは、『続・おてんば怪盗の冒険』。
博麗神社の騒ぎの後の話で、幻想郷のあちこちから舞い込む依頼を怪盗チルノが華麗にこなしていくという内容だ。
そして、完成した紙芝居を慧音の所へ持って行くと、彼女は大喜びで承諾。
その翌日には、近くの公園で紙芝居の上演が行われた。
集まった子供達は、再び怪盗チルノの活躍が見られるとあって大興奮。
スクリーンほど大きくは無いが、紙の上で展開される大冒険活劇に子供達ばかりか、慧音や一緒に観に来た大人達まで夢中になった。
拍手と子供達の歓声の中で終了した紙芝居。すると、慧音が大妖精達にこう頼み込んだ。

 

「差し支え無ければ、これからも時々でいい。この子達に、夢の続きを見せてやってくれないか?」

 

にべも無く頷く一同。
こうして、定期的に紙芝居を製作・上演する運びとなり、子供達は大いに喜んだ。
チルノも、自らが作り出した物語がこんなにも喜ばれて嬉しくない筈は無い。嬉々として次の物語のアイディアを捻るのだった。

場所は変わり、香霖堂。
この日、この古道具屋を訪れたのは霊夢。
その用件とは―――

「……映画、ありますか?」

映画監督を続ける内に、チルノをここまでかきたてたその根源である映画が気になった彼女は、それを実際に観てみたくなった。
すると霖之助は、苦笑いを浮かべて言った。

「あるよ。というか、そろそろ上映されるんじゃないかな?」

その言葉が頭に引っかかり、霊夢は小部屋のカーテンを開ける。
そこには何と、魔理沙にアリス、レミリア、にとり、妹紅、早苗、その他大勢の”撮影メンバー”が詰め掛けていた。
どうやら、皆同じ事を考えていたらしい。

「丁度良かった、そろそろ上映開始だ。適当にスペース見つけて座りな」

ジュース入りのコップ片手の魔理沙にそう言われ、霊夢は何とか空いている場所を見つけて腰を下ろす。
壁際にいた早苗が部屋の電気を消し、室内を暗闇へと変える。
やがて、映写機がカタカタと音を立てて回り始めた―――

 


店番をしながら、霖之助は上映会が始まったらしい小部屋をちらりと見て、思わず笑み。
それから店の外を見て、あの夜上映された映画に思いを馳せる。


(……どうやら、幻想郷にも『ムービースター』が生まれたようだ……)

 


「―――立ち並ぶ家の屋根を飛び移りながら、怪盗チルノはひたすら走りました。
 追っ手が次々と撃ってくる弾を全て避け、チルノは夜空へ舞い上がりました。
 空までは追ってくる事が出来ず、また飛ぶことが出来る妖怪も足を凍らされて動けなくなっていたので、泥棒達は追いかけるのを諦めました。
 こうして、怪盗チルノは無事に、大切な薬の材料を取り戻す事が出来たのです」

優しく語りかけながら、大妖精は次の紙をめくる。次がラストシーンだ。
と、その時。後ろの方で見ていた一人の子供が、近くの木陰に隠れてこちらを伺っていた人陰を見つけ、叫んだ。

「あっ!怪盗チルノだ!!」

毎回、紙芝居上演の様子をこっそり見に来ていたチルノは焦る。とうとう見つかってしまった。
一瞬、逃げようかとも思った。だが、チルノは自らに気合を入れなおし、木陰から子供達の前へ躍り出た。

「見つかっちゃあしょうがないわね!おてんば怪盗・チルノとはあたいのことよ!」

紙芝居に夢中だった子供達は、たった今までその活躍を見ていたヒロインの実物登場に大騒ぎ。
『すごい!!』『本物だ!!』などと興奮した口ぶりで口々に言いながら、チルノを取り囲む。
チルノはこっそり大妖精に目配せし、『見つかっちゃった』とでも言うように苦笑い。彼女も『しょうがないよ』と苦笑いを返した。

「ねえ、次はどんなお仕事をするの?」

一人の女の子に質問され、チルノは一瞬焦る。
素早く脳内で次の冒険の内容を構築し、口を開いた。

「あ〜、えっと……そうそう。プリズムリバー楽団の大切な楽器が盗まれたらしいんだ。だから、次はそれを取り戻しに行くよ!」

子供達は『おお〜っ!!』と、やはり大盛り上がり。
チルノはポン、と手を打ち、

「いけない、そろそろ出かけなくちゃ」

そう言ってその場を去ろうとする。
子供達は残念そうな顔を見せたが、チルノは勇気付けるように笑った。

「怪盗は忙しいのだ。大丈夫、みんなが何か困っていたら、あたいは世界中のどっからでも駆けつけるよ!」

その言葉を聞いて子供達に笑顔が戻ったのを確認し、チルノは『また会おう、さらばだ!』と言い残して飛翔。
小さくなっていくチルノの背中に『がんばれ〜!』と応援の言葉を投げかけていた子供達は、

「はい、今日のお話もまた聞かせてもらって、紙芝居にするからね。みんな、お楽しみに!」

大妖精にそう言われ、再び紙芝居の前へ。
彼女は最後のページをめくる。そこには、笑顔の永遠亭の住人達と、こっそり影から見守るチルノが描かれていた。

「怪盗チルノは、こっそりと薬の材料を戻しておきました。
 それに気が付いた永琳先生は、『ああよかった、これでまた薬が作れる!』と、とても喜びました。
 永琳先生は早速薬を作り、病気で苦しんでいた沢山の人々を救う事が出来ました。

 こうして、怪盗チルノは今日も、沢山の人を笑顔にしました。
 しかし、世界にはまだまだ困っている人達がたくさんいます。
 でも、きっと大丈夫。怪盗チルノが嫌な事をみんな盗んで、その代わりに、沢山の幸せと笑顔を持ってきてくれる事でしょう。
 そのためにも、今日も怪盗チルノは西へ東へ、大忙しです。頑張れ、怪盗チルノ!


 ……おしまい!」

大妖精が言い終わると同時に、子供達からの拍手と大歓声が、公園中に広がった。
チルノは確かに、物語のヒロインになれたのだ。子供達の、憧れの存在に。

 

 

 

―――舞台を銀幕から紙の上へと変えて、チルノは―――『ムービースター』は、今日も子供達に、夢を運び続ける。

 

 

 

 

 

 

 

 

―――チルノは、また夢を見た―――

 

 

 

 


『ワタシハ、ムービースター』

 

 

 

 

『アタイモ、ムービースター』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『―――アナタモ、ムービースター』

 

 

 

 


 

 

 

 


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



 

inserted by FC2 system